ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高さ・色も重要! お部屋に絵画を上手に飾るコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インテリアとして、壁に絵画を飾るのはメジャーな方法のひとつ。しかし、変な場所に飾っていたり、明らかにその部屋にマッチしていない絵画を飾っていたりと、インテリアとして残念なことになってしまうケースもある。

そこで絵画を飾るとき、どんなことに注意したらいいのか取材してみた。アドバイスをいただいたのは、インテリアアート販売サイト「KAWAII ART」の安藤恵さん。

最初に、絵画を壁に飾る際のポイントから聞いてみた。

「まずは、飾る高さから考えます。ソファのような場所に座って見る絵であれば、絵の中心が床から110センチ前後の高さがオススメです。廊下などに飾る場合は立って絵を見ることになりますので、絵の中心が床から150~160センチ前後となります」

なるほど、たしかに高さは重要だ。では、壁に掛けるにはどんな方法があるのだろうか。

「壁に穴を開けてもいいお部屋なら、釘を2カ所に打って、額の後ろにヒモを通して掛けるスタイルが一般的です。2カ所で支持するのは、絵のバランスを取ってナナメにならないようにするためです。また、ピクチャーレールという道具で天井から吊るすという手もあります。広い場所でしたら、いっそイーゼルを立てて絵を飾るのもオシャレかもしれません」

イーゼルといえば美術室でお目にかかったことのある、絵を立てかけるスタンド。かなりアートっぽく部屋のセンスもアップしそうだ。次に、飾る部屋別にどんな絵がマッチするのか、アイデアをうかがってみた。

「例えば玄関でしたら、家族が帰ってきて明るい気持ちになれるような、またはお客さまを気持ちよくお迎えできるような、花や虹の絵がいいですね。リビングなら、会話が生まれそうな楽しげな絵として、物語を題材とした子どもも楽しめる絵だと理想的かもしれません。部屋を広く見せたい場合には、濃い色合いの絵を飾ると遠近感が出ます。空や海の絵など、青や水色の寒色系の作品はどうでしょうか」

住まいの理想の雰囲気をイメージして選ぶのが良さそうだ。ところで、絵画には特別な手入れは必要なのだろうか。

「もちろん水拭きは厳禁です。乾いた布で軽く拭いてあげてください。それ以外に特別な手入れは、よほどのことがない限り必要ありません。絵に飽きたら、購入時の箱に額ごとしまっておけば問題ないでしょう」

部屋に飾るのはもちろん、誕生日や新築祝い、開店祝いなどに絵を贈るのもおすすめだ。みなさんも活用してみてはいかがだろうか。

●取材協力
KAWAII ART (有限会社ハッピービジョン)
http://www.kawaii-art.jp/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/07/12/65910/

【住まいに関する関連記事】

あの有名ファッションブランドが手掛ける日本向けの家具って?
プロの職人に聞く! 壁紙選びのキホン
剛力彩芽の「住まい観」とは? 映画『L・DK』公開直前インタビューvol.1
鞄がプードルみたいな椅子に変身! 新発想の 「アート家具」に胸キュン
『青参道アートフェア』で、お部屋に飾るアートをGETしよう!

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP