ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚を意識したら、確認しておいたほうがいい4つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「恋をしたい、素敵な人にめぐり合いたい、大好きな人と結婚したい…」。

女子にとっては当たり前で、かつ切実な願い。これまで、たくさんの方のこのような相談を、解決に導いてきました。連載プロポーズまでの365日では、これらの経験をもとに、成功メソッドをご紹介します。

結婚前に、ふたりのルールを紙に書いて契約書を結ぶカップルが増えているんです。

欧米では一般的になりつつあるこの契約ですが「浮気をしたら罰金」とか「1日○回は愛してると言う」など内容は人それぞれ。

そこまでしなくても、事前に確認しておいた方がよいこともあります。

仕事のこと

結婚したら女性は家庭に入るべきという時代は終わりましたが、「結婚したら仕事は辞めるよね?」とか「お金がないから結婚しても働いてね」と、当たり前のように言われたらカチンときますよね。

ふたりで頑張って○年後には家を買おう! など共通の目標を立てるなどして、仕事についてもどうしたいのかを共有しておくといいですね。

家事のこと

男性は、結婚前に現実的なことを言われると急に冷めてしまうこともあるため、なるべく明るく話したい話題です。そしてできるだけ男性の夢を壊さないように話しましょう。

「私はあなたのためにおいしい朝食を用意するから、ベットメイキングはお願いね!」など、上手に男性をコントロールすることが大事です。

親のこと

「絶対同居はイヤ!」という女性は多いでしょう。でもそれをそのまま相手に伝えるのは「君の家族とは絶対に同居はイヤだ!」と言われているのと同じです。

「子供ができるまではふたりで新婚生活を楽しみたいな」などと、やわらかく伝えるのが効果的

また介護についても「老いていく親の面倒はふたりで考えていこうね」と肯定的に伝えておけば、結婚後にもめることがなくなります。

仲直りのルール

最近は、簡単なことで別れてしまいバツイチになる人も多いようです。でもせっかく縁あって一緒になったのですから、ケンカ別れなどしないよう約束事を結んでおきましょう。

ズバリ「仲直りのルール」です。言いすぎたなと感じたらミルクティを入れる、好物のシュークリームをお土産に買ってくるなど、ふたりの溝が深くなる前の対処が大事。お互いを縛るルールではなく許すルールです。

結婚を意識したときから現実的になるのが女性、夢を見るのが男性です。他人のふたりが一緒になるのだから、何もかも最初からうまくいくわけがありません。

結婚のプロはいないと思って、お互いに思いやりを持って接していきたいですね。

Wedding image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
理想は人それぞれ。男性のタイプ別「結婚に望むスタイル」
露出がいいわけじゃない! 男性が好む夏の女子スタイル
相手に好印象を与える、あいづちの打ちかた
「授かり婚」で動揺しないために、いますぐ確認しておくこと
普通が一番難しい…あなたに合った結婚後のスタイルはどれ?
女性からの逆プロポーズがうまくいく条件
既婚者女性に聞いた、幸せになれる結婚相手を選ぶ5つのポイント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP