ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

裏目に出た原巨人の「内野5人シフト」が野球ファンの間で話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7/11日に行われた東京ドームの巨人vs阪神の10回戦で、巨人ベンチがとった”ある奇策”が、野球ファンの間で話題となっている。

双方が2点ずつを交互にとりあい、同点で迎えた6回の表。2点を勝ち越された巨人が、なおも続く一死二、三塁の場面に際してとったのは、レフトの亀井を前進させ、三遊間の守備(三塁・村田と遊撃・坂本の間)につかせるという、まさかの”内野5人シフト”。

しかし、今成の代打で登場した西岡は、まるで狙い澄ましたように、「本来であれば中堅手がいたはずの場所」へとポトリと落ちる軽快なタイムリー。巨人ベンチ の目論見は外れ、結果としてあまりに手痛い失点へと繋がってしまった。

西岡の登場前(打者は今成)に一度とった後で解散した5人シフトを、代打・西岡の登場とともに、再度5人シフトに戻した点や、六回という中盤での大胆すぎる采配に、目下、野球ファンからは「なぜ?」と疑問視するも声があがっているが、野球の采配というのは得てしてそういうもの。かつては広島のブラウン監督が多用したことから、「ブラウンシフト」の異名もあるこの作戦、やはり、相手の意表を突く奇策と愚策は、常に紙一重なのかもしれない。

文・島野勝男

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP