ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One(M7)にAndroid “L” Developerプレビュー版が移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCの2013年フラッグシップスマートフォン「HTC One(M7)」にAndroid “L”ベースのカスタムROMがXDA Developersで配布されています。今回のROMは、GoogleがNexus 5とNexus 7(2013)向けに提供しているDeveloperプレビュー版をベースに作成した移植版です。SDKのエミュレーターは利用していないと作成者さんは述べています。ROMは上図の通りHTC One(M7)で動作していますが、リリース版(ALPHA #1)は完成度が低くて常用レベルではありません。具体的には、Wi-Fi、パケット通信、Bluetooth、センサー(GPSを除く)、カメラ、オーディオに関連する機能が動作しないとされています。インストール方法は基本的に一般的な方法と同じなのですが、最新のClockWorkMod/TWRPを利用しないと正常にインストールできないそうです。後は、CacheとDalvik Chacheをクリアし、ファクトリーリセットを行ってからZIPファイルをインストールします。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
LG G Pad 7.0 Wi-Fiが英国のCloveとHandtecで発売
Samsungが薄くてシンプルなデザインのスマートフォン新機種“カードフォン”を8月にも発売するという噂
NTTドコモ、ワンセグ・フルセグ・NOTTV用のテレビチューナーを備えたAndroidベースの多機能デバイス「TV BOX TB01」の予約受付を開始、7月下旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP