体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2014年5月の国内スマートフォン出荷台数は約79万台、前年同期よりも低い水準(JEITA調査)

JEITAとCIAJは7月8日、2014年5月の国内携帯電話・PHSの出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社の発表によると、2014年5月の全体の出荷台数は、前年同期の92.3%となる約168万台で、このうちスマートフォンは前年同期の68.6%の約79万台でした。スマートフォン率は47%になります。5月は夏モデルの発表が行われました。各社の夏モデルはスマートフォンが中心で、早いものは同月中に発売されたのですが、出荷台数は前年同期より減っています。Android系の購入者減がマイナス成長に大きな影響を与えたものと考えられます。PHSの出荷台数は前年同期の83.1%となる約10万4000台でした。

Source : JEITA


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungが薄くてシンプルなデザインのスマートフォン新機種“カードフォン”を8月にも発売するという噂
NTTドコモ、ワンセグ・フルセグ・NOTTV用のテレビチューナーを備えたAndroidベースの多機能デバイス「TV BOX TB01」の予約受付を開始、7月下旬に発売
キャノン、様々なサイズの証明写真を手軽に作成できるカメラアプリ「スマホで証明写真」をGoogle Playストアにリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。