ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長&西原理恵子氏「今年はダライラマに会いに行くよ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1964年公開の映画『月曜日のユカ』出演時の加賀まりこ(当時20才!)の表紙が話題となっている50代以上の女性をターゲットにした新雑誌『octo∞』(オクトアクティブエイジング)。同雑誌では、「この人に聞く! 私の旅流儀」と題して、有名人が自らの旅に対するこだわりについて語っている。

 お互いのツイッターやブログで、世界中を旅している様子を公開している高須クリニックの高須克弥院長(69才)と漫画家・西原理恵子さん(49才)も同特集に登場。今年もカンボジアと冬季五輪が開催されたロシアのソチに行ったが、すぐに喧嘩をしてしまうという。西原さんは高須院長に対し「かっちゃんはゆっくりするのも、目的のない旅をするのも大嫌い。旅先で私の予定を入れたら途中で帰っちゃうでしょ?」と不満をぶつけるが、高須院長はどう思っているのだろうか? そんなおふたりの旅スタイルについてお話しいただきました。

 * * *
高須:ぼくは時間が何より貴重なの。その大事な時間を無駄に使うことがきみに対する最大のプレゼントだと思ってるんだけど…。だいたいアマン好きだって言うから、カンボジアに行ったときもわざわざアマン系のホテルにしたじゃない。結構しょぼかったけどさ。

西原:いつもそうやって嫌みばかり。だから私は自分の希望を叶えるのは、もうあきらめることにしたの。ただお互いに変なところ、危ないところに行くのは好きだよね。カンボジアでも喜び組のレストランがあるって聞いて、行ってみたじゃない?

高須:喜び組はすごい美人だった。

西原:接待も料理もおいしくて、びっくりしたよね。まあ私も若い娘さんじゃないから、誕生日にサプライズとかそういうデートにはならない。だいたいリゾート地なんかは、若い頃に自分のお金で行ったから、行き飽きちゃったところもあるし。だから楽しいことをするっていうよりも、ふたりで一緒にいるという“時間”のほうが大切。お互い忙しいから、デートの時間は何とかして作らないと無理だし。前はもっと忙しかったから、夜部屋に行って、朝ごはん食べて帰るとかしてたよね。お互いにただ寝てるだけなんだけど、それでも7~8時間一緒にいた計算になるし、隣で好きな人が寝てるってだけで十分。

高須:そういうあなたもすぐ寝るよね。ソチ五輪の試合中も寝てたし。たぶん世界であの瞬間に寝ていたのあなただけだよ(笑い)。

西原:だってウインタースポーツ全然興味ないもん。だいたいカーリングに行ったときも「どんなルール?」って聞いたら、「知らん」っていうし。なんでそんなものに連れてくるんだよ、って思うよ。

高須:今年はダラムサラにダライラマに会いに行くつもりなんだよ。もちろん連れて行くから。

西原:ほら、勝手に連れて行かれることになるでしょ? 私の意志は関係ないんだよね(笑い)。


【関連記事】
「これ誰?」と話題の雑誌表紙美女の正体はあの大女優だった
安倍昭恵「批判はしょうがない。それでも理想は捨てない」
大人の作法で自慢せず「スカイツリーに行った」報告をするには

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP