ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】二世代ローンの流行 親父の背中は借金に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●Ces temps ci on parle beaucoup de prêts sur deux générations,contrairement à autre fois,maintenant les enfants ne vont voir que dettes  dans le dos de leur père!
最近は二世代ローンが流行っているから、昔と違って、今の子供は親父の背中を見ると自分の借金に見える!

●Souvent les mots et les paroles peuvent influencer le destin d’une persionne!
言葉と会話は人の運命を左右することもある!

●Entre un préteur et un voleur il n’y a qu’une ombre de différence ! 
金貸しと盗みは紙一重!

【関連記事】
【キャラビズム】引退を考えて生きた男、引退後何を考える?
【キャラビズム】頭が悪い人でも黙っていればバレないのに
【キャラビズム】優先席の大人は子どもにとって最悪の見本!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP