ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今春他界した安西水丸氏が全国の無名城下町訪ね歩いた紀行本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ちいさな城下町』安西水丸/文藝春秋/1400円+税

〈城下町という歴史が作り出す家並み、神社仏閣、人々の暮し、祭り、今はただひっそりと佇む城址〉。そんな城下町に巡り合うことが旅の楽しみだったという著者。新潟・村上市では世界で一番好きな日本酒「〆張鶴」を飲み、大阪・岸和田市で他界した同市出身の友人を想うなど、全国21か所の“無名な”城下町を訪ね歩いた思い出を、その街の歴史をひもときながらイラストとともに綴った紀行文。今春他界した著者最後のエッセイ集でもある。

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
詩人が津軽三味線二代目・高橋竹山と震災後の東北訪ねた記録
高橋源一郎氏が世界各地の競馬場を訪ね歩いた経験を記した書
30代半ばを超えて侘しく飲むために東京の場末酒場を訪ね歩く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP