ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シングルマザーの娘 母と長く一緒にいられるよう七夕に願う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 涙にはストレス解消の効果があるといわれるが、泣ける“ツボ”は人それぞれ。今回は、38才の保険の仕事をしている女性が、七夕の短冊へ願いを込めた娘について語ってくれました。

 * * *
 昨年のことです。以前からめまいがあったのですが、疲れのせいだと放っておいたところ、頭痛がひどくなり、手にしびれまで感じるように…。病院で検査をすると、軽い脳梗塞と判明しました。1週間ほど入院することになったものの、私はシングルマザー。実家は遠方のうえ、離婚のせいで絶縁状態のため、7才の娘の預け先がありません。

 仕方がないので、24時間体制の託児所に1週間預かってもらうことに。娘には心配をかけないよう、「お仕事で遠くに行くけど、お土産を買って帰るね」と伝えると、本人も納得してくれました。

 退院してすぐ、心配しながら迎えに行くと、意外に「お泊まり楽しかった」と、ケロリとした様子。先生からも「とってもいい子でしたよ」と言われ、安心したような拍子抜けしたような…。

 その後も娘に内緒で投薬治療を続け、症状が落ち着いてきた頃、娘の小学校の授業参観がありました。教室には七夕飾りがあり、短冊には、「AKB48になれますように」などのかわいらしい願いごとがたくさん。

 娘の短冊を探すと、「ママのびょうきがなおりますように。ママとずっといっしょにいられますように」と書かれていました。託児所の職員には固く口止めしていましたし、もちろん私も内緒にしていたのに、なぜ…。薬をのみ続けていたことがバレたのでしょうか。

 娘と一緒に学校から帰る途中、「ママは元気で長生きするから大丈夫!」と力こぶをみせると、娘はうれしそうに手をつないできました。娘には、私以外頼れる人がいないのに、無理をしがちな私の生活は、娘の命もおびやかす大変なことなのだと実感。今は子育て・仕事に加え、健康にも気を配るようにしています。

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
昨年10月死去の北杜夫氏の絶筆を含む最晩年の連載エッセイ
娘を過剰に愛する男 「オレ以外の男は全員悪者」と教育する
「パパと結婚する」に父感激 家事を全て引き受け嫁も大喜び

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP