ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明菜4年ぶり復活 マツコ・デラックスらオネエ界隈大興奮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歌手の中森明菜が、約4年ぶりとなる新曲『SWEET RAIN』を発表することが明らかになった。6月下旬にレコーディングは完了しており、8月6日に発売されるシングルベストアルバム『オールタイム・ベスト -オリジナル-』にボーナストラックとして収録。また、同時発売のカバーベストアルバム『オールタイム・ベスト -歌姫-』には、新たにレコーディングした奥村チヨ『恋の奴隷』、日吉ミミ『男と女のお話』のカバーバージョンが収録される。

松田聖子や小泉今日子と並ぶ、80年代を代表する伝説的アイドルの明菜だが、体調不良で2010年10月から芸能活動を休止している。公の場に姿を見せたのは、2010年7がつのに都内で行われたパチンコ『CR中森明菜・歌姫伝説』の発表会が最後だ。

今回のベストアルバム発売にあわせてのプロモーション活動などは予定されていないとのことだが、レコーディングに復帰したということで、ツイッター上の明菜ファンも、

「明菜復活テンションぶちあげ!」
「マジで嬉しい」
「明菜様の復活を心待ちにしておりました」
「嬉しいニュースだわ~」

などと、大喜びの様子。ネット上のファンも勿論だが、芸能人たちも明菜復活を心待ちにしていたという。芸能ライターはこう話す。

「マツコ・デラックスは大喜びしていますね。以前番組で“もしも待ち受け音に誰かの曲を使うなら誰の曲を使う?”という話題になったとき、マツコは本気で熟慮した末に“明菜かな”と答えていたほどの明菜ファンなんですよ。あとは、華原朋美や浜崎あゆみも明菜から影響を受けていて、今回の復活を心待ちにしていたそうです」

マツコに限らず、80年代の女性アイドルに強い思い入れを持つ“オネエ”は多いが、なかでも明菜の支持率は異常に高いといわれている。オネエ界隈に詳しい芸能関係者が説明する。

「どちらかというと日陰暮らしをしてきた人が多いオネエにとっては、自分を強く出している松田聖子や自然体の小泉今日子よりも、どこか影がある中森明菜のほうにシンパシーを感じるんですよ。マイナー調の曲や悲恋を歌った曲が多いというのもポイントが高い。必ずしも恵まれていたわけではない自分の人生と、明菜の唄を照らし合わせるオネエが多いんです。今回の復活にオネエ界隈は大興奮ですよ。芸能界にもオネエは多いので、明菜復活をサポートする流れが出てくるかもしれないですね」

女性アイドルブームが芸能界を席巻している今。伝説のアイドルである明菜が情念たっぷりに歌う姿を見たいという人は多いだろう。本格的な歌手活動復帰が待ち遠しい。

【関連記事】
「おネエ」の本来の意味は別にゲイやニューハーフではない
『スター誕生!』Dが明かす 小泉は天才型、中森は熟成型
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP