ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecastのスクリーンミラーリング機能(画面のキャスト)を非公式に有効化するアプリが公開(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週、Chromecastのスクリーンミラーリング機能(「画面のキャスト」オプション)が遂に正式リリースされたのですが、残念ながら、今のところこの機能を利用できるのは全てではなくごくわずかの機種に限られています。そんな中、「画面のキャスト」オプションを強制的に有効化するアプリがXDA Developersで公開されました。アプリは「MirrorEnabler.apk」です。このアプリでは、ボタンを一度タップするだけで、スクリーンミラーリング機能が有効化されます。手間無く有効化できるのですが、root化された端末でなければ機能しません。非root端末は当面の間は正式対応を待つことになります。スクリーンミラーリングはChromecastアプリに表示される「画面のキャスト」ボタンをタップし、接続先となるChromecast名を選択するだけで実行できます。このアプリでは多くのAndroid端末を有効化できるとされています。既に多くの機種で機能することが確認されているので、あなたの端末も有効化できるかもしれません。個人的には、Xperia Z2で試してみました。ちゃんと「画面のキャスト」が表示されるようになり、問題なく画面の表示内容は転送されましたが、音が出力されません。音が出力されないのは対応機種でも同じなので、仕様と思われます。(更新:私の認識違いでした。画面のキャストは音の出力に対応しています。記事執筆時点で対応する機種を含む手持ちの端末で音は出なかったのですが、翌日、再確認すると出力されるようになっていました)Source : XDA Developers(apkファイルを手動インストールしてください)


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「Xperia ZL2 SOL25」の新規・MNPの価格を値下げ
無印良品、雑音の中での睡眠をサポートするAndroid用サウンドアプリ「MUJI to Sleep」をリリース
Wearable Widgets : AndroidのウィジェットをAndroid WearやGoogle Glass、SmartWatch 1/2に表示できるアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP