ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

姫路城「平成の大修理」が最終段階 担当者が困難な作業語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 複雑に組まれた鉄骨の中から、化粧直しが施された大天守の五重屋根が姿を現わした。真っ白に塗り替えられた外壁は初夏の日差しに照らされ、まさに「白鷺城」の名にふさわしい輝きを城下の姫路市街に放っている。

 2009年に始まった国宝にして世界文化遺産でもある姫路城の大天守の修復工事は「平成の大修理」と呼ばれる。1609(慶長14)年に徳川家康の娘婿・池田輝政によって築かれた大天守は、400年以上にわたって何度も修復が施され、最近では1956年から64年にかけての「昭和の大修理」で、大天守を全面解体して再構築する工事が行なわれた。そして今回の「平成の大修理」では、屋根瓦の全面葺き替えと漆喰の塗り替えが中心となった。

 日進月歩の建築技術を考えれば簡単な工事にも見えるが、“相手”は国宝にして世界文化遺産。そして「難攻不落の名城」といわれた複雑な造りも作業の大きな壁となって立ちはだかる。その“攻城戦”に挑んだのが、鹿島建設を中心とする「姫路城大天守保存修理JV」だった。総指揮を執った鹿島建設の野崎信雄・総合所長が語る。

「国宝ですから建物に傷ひとつつけられません。敷地も含めて特別史跡なので、素屋根(大天守を風雨から守り、工事の足場としても機能する)を組む際に地面に杭を打つことも、また、消防法により火気を使用する溶接作業もできない。さらに大天守の周囲を小天守や渡櫓が複雑に取り囲む構造のため、素屋根の建設は困難を極めました」

 作業効率と事故防止のため、素屋根組み立てと解体を各ツールを使いながらシミュレーションを行ない、素屋根の鉄骨と城の屋根瓦や壁との間はわずか10cm。それでいて、鉄骨は屋根や城壁に接触しない。その難解なパズルに悪戦苦闘した末に、瓦や壁の修復工事が行なわれた。

 そしていよいよ、「平成の大修理」は最終段階を迎えた。新しい大天守を目の当たりにすると、すでに作業は山を越えたようにも思えるが、野崎総合所長は「最後まで油断できない」と気を引き締める。

「素屋根の建設時から解体手順は想定していますが、解体時に鉄骨やボルトが落下して城を傷つけることのないように細心の注意が必要です。そのため、風や雨が強い時には作業を中止するなど、慎重な判断を心がけています。また、真っ白に甦った城を汚さぬよう、解体時に飛散する埃の対策として事前に清掃しながらの作業になります。素屋根を解体してしまうと、今後数十年は手を加えることができないのですから」

 素屋根の解体工程は基礎を含めて9月中旬に終了し、その後は腹切丸構台の解体、クレーンの撤去などを経て、来年3月18日に姫路市への引き渡しが行なわれる予定だ。

 実は、野崎総合所長は地元・姫路の出身。小学生だった野崎少年は「昭和の大修理」を興奮して見ながら育った。現在64歳の野崎氏にとって、「平成の大修理」は鹿島建設社員としての“最後の仕事”となる。

「これまで特殊な構造物を数多く手がけてきましたが、その集大成を生まれ故郷で迎えたことは本当に幸せです」

 平成の世に甦った白鷺城が、力強く羽ばたく日が待ち遠しい。

撮影■WEST

※週刊ポスト2014年7月18日号


【関連記事】
姫路城「平成の大修理」 職人の技と最先端技術の壮大な合作
東京駅を原型に戻す復原工事で駅舎内の延べ床面積は2倍超に
京都観光 清水寺や平等院鳳凰堂など建て替え中多いので注意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP