ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寄付8000万円集まった中国孤児に親族が引き取り申し出て顰蹙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の内陸部、広西チワン族自治区の村で、いつも飢餓状態だった14歳の孤児の少年の様子がテレビで紹介され、500万元(約8000万円)もの支援の募金が集まったことが話題になった。ところが、それまでほとんど少年を無視していた親族が名乗り出て、少年の身柄を引き取ったところ、市民から「金目当てだ」との非難が集中しており、中国では孤児問題が改めてクローズアップされている。

 この少年は楊六斤君で、6歳で父親が死亡。その後、母親は再婚したことから、楊君は祖父母に育てられていたが、4年前にその祖父母とも死亡した。親戚は近くにいたが、だれも楊君を引き取らず、ほとんど天涯孤独な境遇になり、空き家となったあばら屋に住んでいた。

 生活は悲惨で、ぼろぼろの服を着て、食べ物も野山の植物や川から魚を獲って飢えをしのいでいたという。

 このような生活をみた従兄弟が楊君に毎週10元(約160円)の生活費を渡すようになったが、いつも飢餓状態だった。

 地元テレビ局が5月末、このような楊君の生活を放送したところ、広東省深セン市内の視聴者が楊君の引き取りを申し出て、6月初旬には深セン市内で暮らすることになった。その後、楊君を支援する募金が続々と集まり、500万元にも達した。

 楊君は深セン市内の中学校に通うようになったが、これを知った従兄弟や村の幹部が、楊君を生活の面倒をみることを申し出て、村に連れ戻すことになった。

 楊君は「村には帰りたくない。このまま、学校にいたい」などと涙ながらに訴え、村に帰ることを拒んだが、結局は連れ戻されてしまった。

 ネット上では、「これまで生活の面倒をみずに、毎週10元だけ渡して、責任逃れをしていたのに、500万元集まると、引き取るというのは金目当てだ」などと激しい批判の声が上がっている。

 中国では楊君のような孤児は1000万人以上いるとされ、完全な孤児ではないが、両親がともに都市部に働きに出て、生活の面倒は祖父母などに任されている「置き去りにされた子供」は6100万人にも上っている。

 貴州省では2年前、ほとんど孤児状態で、置き去りにされた少年5人が暖をとるために、密閉された鉄製のゴミ箱のなかで石炭を燃やし一酸化炭素中毒で死亡するという事故が起こり、中国メディアが特集を組んだが、今回の楊君の場合も広東省や同自治区の新聞、テレビなどが孤児問題や置き去りにされた子供の問題を精力的に伝えている。

【関連記事】
酒鬼薔薇事件以降増えた「普通の少年」の犯罪防ぐ策に迫った書
消臭力CMミゲルくん来日 大好きなドラえもんを笑顔でハグ
タイガーマスク 元々は冷酷な反則で恐れられた悪役だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP