ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽情報検索アプリShazamを使ったユニークなプロモーション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

Shazamから始まる音楽マーケティング:アーティストのコンテンツを独占先行配信

アメリカのガールグループFifth Harmonyが、音楽情報検索アプリのShazamを使って、YouTubeやVevoよりも先に最新シングルの音楽動画を先行配信する、ユニークなプロモーションを行ないました。メジャーとインディーズに関係なくアーティストは、YouTubeで最新動画を公開することがプロモーションの常識的な手段と考えられていますが、今後はここにShazamが音楽マーケティングを発動させるツールとしてアーティストやレーベル、マネジメントでの利用が広がるかもしれません。

Fifth Harmonyの新シングル「Boss」の動画は、YouTubeなどで公開される前にShazamで12時間早く、デビューしました。ビューワーは動画を見るためには、事前にリリースされた「Boss」の音源をShazamでタグ付け(検索)するか、Shazam内のニュースフィードで見ることが出来きる仕組みです。

Shazamは今年1月にエレクトロ・デュオChromeoの新シングル「Come Alive」の動画をどこよりも早くShazamでデビューさせました。その後もShazamでは、リンキン・パーク、OneRepublic、Lucy Hale、Magicなどの動画や楽曲も先行配信させ、アプリユーザーに独占的コンテンツで新しい音楽の発掘をサポートしています。

Shazamの音楽事業トップのピーター・ザボ(Peter Szabo)は

「私たちはただ音楽を見つけることから、音楽を探索することへとシフトしています。その過程で私たちはユーザーにより多くのコンテンツを届けています。曲名やアーティスト名を見つけることは単なるスタートに過ぎません。もしユーザーに新曲、エクスクルーシブな動画やコンテンツを届けられれば、もっと素晴らしくなります」

と語ります。

アーティストは新曲を配信しプロモートするために、新しい方法を模索しています。

これまでの音楽プロモーションの方法だけでは、YouTubeやストリーミング、ダウンロードと共存しながら売上を伸ばすことは出来ません。

今年の始め、ロックミュージシャンのベック(Beck)は飛行機の機内専用ネットワークGogoを使って、搭乗者へ独占的に新アルバムをストリーミング配信する試みを行ないました。

ロックミュージシャンのブルース・スプリングスティーンは、米TV局CBSの番組「The Good Wife」と手を組み、新アルバム「High Hopes」を一般発売前にCBS.comで先行配信しました。

またFacebookもジェイZの「Holy Grail」、ブルーノ・マーズの「Gorilla」、マライア・キャリーの「The Art of Letting Go」、エド・シーランの「Sing」など有名アーティストの音楽PVをデビューさせてきました。

Shazamのザボは

「私たちShazamは、アーティストやマネジメント、レーベルがShazamで新コンテンツをリリースしてくれることにワクワクしています。世界中から集まる4億7500万人以上の熱狂的なユーザーベースで、私たちは常にユーザー達にもっと何かを与えることを目指しています。」

とアーティストやレーベルの音楽マーケティングのツールとしてShazamが活用されることに期待しています。

ただYouTube(Vevo)で「Bo$$」の動画が公開せれるやいなや、1日で再生回数が150万回以上に達しています。それだけまだまだ動画視聴とバイラル性はYouTubeの方が優れていると言えます。逆の見方をすれば、人気のアーティストやフォロワーベースがあるアーティストにとってYouTubeはコンテンツ配信に適しているかもしれませんが、そうではないアーティストはYouTubeでは埋もれてしまうかもしれませんね。

■記事元http://jaykogami.com/2014/07/8273.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP