ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィギュアをゴミに出された夫「燃えるじゃなく『萌える』」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、ご主人(55歳)がOA機器メーカー勤務の奥様(58歳)。ご主人のフィギュア好きに困ってます。

 * * *
 夫はアニメ好きで、『ワンピース』のルフィとゼットのフィギュアとか、何十体というフィギュアをリビングに飾っています。私とケンカになったのは、セクシーな下着姿のマリリン・モンロー等身大フィギュアです。「掘り出し物だ!」と私に内緒で買い、値段を聞いてもいわないので調べてみたら19万8000円! 一瞬、離婚も考えました。

 リビングのフィギュアでさえヘンなのに、等身大モンローを見たら絶対に「ここの旦那は変態だ」と思いますよ。とてもリビングには置けないので寝室に置いてあるんですけど、毎晩、モンローに見つめられてるみたいで、落ち着いて眠れないんです。

 とにかく、私にとってフィギュアはゴミ。「モンローはネットオークションで1日も早く売って、他のフィギュアは燃えるゴミで出すわね!」。そう夫にいうと、「モンローは、確かにオレも落ち着かないから売るけど、フィギュアを『燃えるゴミ』とは何事だ! フィギュアはゴミじゃない! 『燃える』じゃなくて『萌える』んだ!」。

 50過ぎたオッサンが「萌える」なんて気持ち悪い! 結婚した娘が遊びに来たので同意を求めると「ママも韓流グッズ、集めてるじゃない」「あれはフィギュアと違ってゴミじゃないし」「同じよ、どっちもゴミ!」。あっさり片付けられてしまうなんて、悔し~い!

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
ソチ五輪 フィギュアのペアとアイスダンスは何が違うのか?
もこみち、小栗ハマる香港発フィギュア 日本出店で人気過熱
山本浩未氏 ハマり歴はベルばら、宝塚、韓流経てフィギュア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP