ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テックウインド、Androidタブレット「ClIDE 7」「CLIDE10」を3Gデータ通信に対応させる3Gデータ通信モジュール「SPO-E220S-2」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テックウインドは7月11日、同社のAndroidタブレット「ClIDE 7」「CLIDE10」を3Gデータ通信に対応させる3Gデータ通信モジュール「SPO-E220S-2(Huawei製)」を発売しました。価格は4,980円となっています。CLIDE用3Gデータ通信モジュールは、標準SIMカードを収納できる小型モジュールです。別途用意したSIMカードを挿入して、CLIDE本体の専用スロットに挿入すると、(国内では)HSDPA 14.4Mbps、HSUPA 5.7Mbpsのデータ通信を利用できるようになります。屋外でのインターネット利用がしやすくなります。対応周波数はGSM(900/1800MHz)とWCDMA 900/2100MHz。LTEには対応していません。対応周波数から、国内ではNTTドコモとソフトバンクのSIMカードが利用できそうです。GSMにも対応しているので、海外でも一部の国ではGSMを利用できると思います。筐体サイズは65mmX35mmX3.3mm、質量は30g。対応機種はCLIDE 7・CLIDE 10(2014)。SIMカードは自身で用意する必要があります。Source : テックウインド


(juggly.cn)記事関連リンク
PCブラウザからスマートフォンヲリモート操作できるNTTドコモの「スマートデータリンク Mobizen」がAndroidタブレットに対応
Lenovo Japan、Yoga Tablet 8国内モデルに新バージョンのファームウェア(A442_001_021_140703)を配信開始
Android版Photoshop Expressに「汚れ除去」と「曇り取り」ツールが追加、RAW画像の読み込みにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP