ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に見るシューティングゲームの面影

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トム・クルーズの新たな魅力が引き出された『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に注目が集まっている。日本のライトノベルが原作で、死ぬと前日に戻る、というループするストーリーがキーポイントと思いきや、面白さはそこに留まっていない。シューティングゲームの緊張感を、死んだらその位置から再スタートするタイプではなく、ステージの最初からやり直しというスタイルのゲーム味を濃厚にした展開こそが、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の見どころと断言できる。

例えば1回目の出陣では機動スーツのセーフティロックすら外せなかったトム・クルーズがループを繰り返し、同じ戦場、同じステージを何度もプレイすることで各種兵装の扱いだけに留まらず、敵と味方の出現パターンも覚え、戦い方を模索していく。グラディウスかそれともダライアスか、覚えゲーのハイスコアが生まれる課程がここに見えてくる。

仲間はすべてNPC(ノンプレーヤーキャラクター)で、ゲームのようにセリフや行動が決まっているものの、主人公の行動次第で彼らの言動は変わっていく。ループする時間がたったの1日しかなくとも、無駄を極力省くことで自分だけではなくチーム全体の生存率すら左右していく。

ハードウェアにも近未来SF感がぎっしり詰まっている。兵士たちが着る機動スーツには、左右の腕と両肩に備わるサブアームに4種もの兵装をマウントしている。肩のサブアームは予備兵装用と思いきや、実は視線誘導型の可動兵装担架。トム・クルーズが見た方角に向けて発砲するシステムで、四方向に弾幕を広げることも、1点に集中して撃つことも可能なようだ。まるで弾幕シューティングの自機じゃないか!

チュートリアルステージがないだけに、いきなり大規模戦闘シーンに投入するというご褒美感もたまらない。戦争の中にいるという感覚が止めどなく押し寄せてくる。その上で、実はオープンワールドという仕掛けにも圧倒される。最初こそ同じ場所での銭湯パターンを覚えていくが、着実にクリアルートするためのルートは実は別にあり、それに気づくまでのプロセスもディープに描かれているのだから。

HALOやキルゾーン、クライシスシリーズを一度でもプレイしたことのある人ならば、グッとくるものがある『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。2Dでそして3Dで、字幕でそして吹き替えで、何度も見てみたくなるこの夏イチオシのタイトルだ。

文・武者良太

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は大ヒット上映中

【参照リンク】
・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP