ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大井川鐡道の女性運転士 女性初のSL運転士を目指し体鍛える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつては男の職場といわれた鉄道の現場だが、最近では美女が増えているという。その仕事内容も、観光客をもてなすアテンダントから旅客電車や機関車の運転士まで様々。

 そんなレールウーマンたちを密着取材した『それゆけ!女性鉄道員』(イカロス出版)などの本も出版されている。ここで紹介するのは、大井川鐡道(静岡県)の運転士・萩原愛さんだ。

 SL運行で有名な大井川鐡道。昨年6月に運転士デビューを果たした萩原さんは「いつかSLを運転したい」と夢を抱くが、SL乗務は体力勝負。「今は腕立てふせをやっているんです」と夢を叶えるために頑張っている。

※週刊ポスト2014年7月18日号


【関連記事】
秩父鉄道の女性運転士 旅客電車だけでなく機関車も運転する
南アルプスの山並みを望んで疾走する「大井川鐵道SL急行」
元新幹線運転士の著者ならではのエピソードが満載された本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP