ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

再犯率は79%、シャブ抜き中のASKA 家族と抱き合って泣く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 覚せい剤取締法違反での逮捕から48日目となる7月3日、ASKA被告(56才)がようやく保釈された。東京湾岸署を車で出たASKA被告は、東京ミッドタウンの地下駐車場で車を変えて、追跡する報道陣を巻き、自宅に帰ることなく、千葉市ある創設70年を超える総合病院に直行した。ここで“シャブ抜き”をしていると伝えられている。

「夜7時に到着した病院では、身元引受人となった妻の洋子さん(59才)と、長男(26才)、長女(23才)が先に病室で待っていたそうです。1か月以上“アクリル板越し”でしか話すことのできなかった父との対面ですからね…。家族はみな、泣きながらASKA被告と抱き合ったようです」(ASKA被告の知人)

 覚せい剤事件の再犯率は50%、特に50才以上の場合は79%にまで跳ね上がる。薬物依存治療に詳しい、周愛利田クリニックの利田周太院長が解説する。

「一度でも依存症になれば、“クスリをやりたい”という衝動は一生続きます。だからこそ、家族の支えが必要です。患者が再び薬物に手を染めない状態を“維持”するために、ずっと近くで見守らなければならない。繰り返しになりますが、“治る”ことはないのですから」

 現在、洋子さんは、病院近くのホテルに泊まり、毎日、病院に通って夫の看病をしているという。

 また、ASKA被告の逮捕直後、洋子さんの実兄(62才)は、女性セブンの取材に対し、「これからは、義兄ではなく、“本当の兄”として、彼を支えたい」と語っていた。そんな彼の存在も、ASKA被告の力になることだろう。

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
ASKAの息子 「自分にとって音楽の神様は親父なんだよ」
ASKA 占星術的に2009年の酒井法子とまったく同じ状態だった
ASKAの長男「何度も打つよ残さず打つよ」と替え歌を歌ってた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP