ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

英語ペラペラになるための切り札とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
英語ペラペラになるための切り札とは?

 英会話の本はたくさん持っているのだけど、なかなか上達しないという人は多いはずです。
 実は、英語の単語やフレーズを覚えるだけでは話せるようにはなりません。「どんなとき」に「何を話せばいいのか」ということをおさえておく必要があります。つまり、英語を話すときにも「雑談力」が求められているのです。

■英会話力アップには「雑談力」を高めよう
 英語で雑談する、といっても難しくはありません。英語の本のベストセラー著者、デイビッド・セインさんによれば、英語の雑談も日本語の雑談も基本的に変わらないのだそうです。

 デイビッド・セインさんが執筆した『中学英語で英語の雑談ができるようになる本』(アスコム刊)には、英語の「雑談力」をアップするための基礎知識が詰まっています。英語の雑談の心得、850個以上の定番フレーズなど、読んだすぐから活用できる一冊となっています。では、どんなフレーズが紹介されているのでしょうか?

■「昨日は熱帯夜でしたね」で英会話が弾む
 英語の雑談に使える定番フレーズは、どれも日本語の雑談で使っているものとあまり変わりません。しかも、使っている英語は中学英語レベルです。
 例えば、天気・天候の話題でよく使われるのは、次のようなフレーズです。

「昨夜は熱帯夜でしたね。」
It was hot and humid last night.

「暑くて死にそうです。」
This heat is killing me.

「異常気象でしょうか?」
This isn’t normal, is it?

 どれも日本語でもよく使うフレーズですが、英語になおしてもシンプルですよね。

■車や電車の移動中に使える定番表現とは?
 続いて、車や電車で移動中に使う定番フレーズをご紹介しましょう。

「ここは景色が素晴らしいですね。」
The view is great.

「富士山がきれいに見えますね。」
This is a good view of Mt. Fuji.

「この道はいつも渋滞しますよね。」
This road is always busy.

■英語の雑談も日本語の雑談も基本同じ
 このように、英語の雑談は、日本語の雑談と基本的には同じなのです。
 ぜひ、本書を参考に、実際の生活で英語の雑談フレーズを使ってみてください。きっと思いのほかカンタンに、ネイティブや外国人との会話が弾み、英語がペラペラ話せているはずですよ。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
英会話で使える「あいづち」12個
英語がなかなか身につかない人の共通項
使い方を間違えるととんでもないことになる英語表現

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。