ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モバイル端末での買い物をサポート!欲しい物のスクリーンショットで価格動向を追跡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやタブレットなどモバイル端末での買い物を楽しむ人は多いだろう。出先でも手軽に買い物できることから、モバイルEC市場の規模は急成長中だ。

そうしたモバイルでの買い物をサポートしてくれるiOSアプリ「SnapUp」が登場した。欲しい物のスクリーンショットを撮って登録すると、その価格の変動をウォッチし、「値下がりしました」などとユーザーに知らせてくれるというものだ。

このアプリで注目すべきは、スクリーンショットを認識する技術。その商品がどこのメーカーのものなのか、ショットがどのサイトで撮影されたのかを理解する。オンラインストアやショッピングアプリで扱われている全ての商品に対応できるという。

もちろん、欲しいものは1つだけでないだろう。アプリではいろんなストアのいくつもの商品の写真を撮って登録することができ、アプリを開くとリスト化された商品が現在のプライス付きで一覧表示される。

欲しい物がたくさんという人向けに、リストを「バッグ」「キッチン用品」「誕生日プレゼント」などとフォルダー分けできるようにもなっている。これだと、目当てのものを素早く探せる。

そうしたリストの品々をタップして“即買い”することも可能だ。例えば、Amazonで販売されているシャツを登録しておいて、セールで価格が下がったという通知が来たとする。ユーザーは価格をチェックして“買い”と思ったら「Buy Now」のボタンをクリックするだけで、Amazonでの買い物が完了することになる。

急いで入手したいときは別として、買おうかどうか迷っているものはオトクに購入できるにこしたことはない。そんな消費者の強い味方になってくれるこのアプリ、ダウンロードは無料となっている。モバイルで買い物をする機会が多い人は活用しない手はないだろう。

SnapUp

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP