ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本初の内科・外科混成チーム医療を実現した消化器センター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 消化器は食道から胃、小腸、大腸まで続く管状の構造で、肝臓・膵臓・胆のうなど消化吸収をサポートする臓器も含まれる。食べ物を摂取し、消化した後、栄養分を体内に吸収、排泄までの役割を担う。

 消化器の病気は、日本人に多い胃がんや大腸がん、中高年男性に増えている食道がんなどの悪性腫瘍から、逆流性食道炎、胆のう炎などの炎症性疾患、肝炎などのウイルス性疾患やポリープ、閉塞性黄疸など多くの疾患が発生する。

 症状だけでは最初に消化器内科を受診するのがいいか、消化器外科がいいのか判断に迷うことがある。これを解消するために、日本の大学病院としては初めて、内科と外科の混成受け持ちチームによる消化器センターが誕生した。

 昭和大学江東豊洲病院消化器センター長の井上晴洋教授に話を聞いた。

「例えば、患者さんが内科で早期胃がんと診断され、セカンドオピニオンで外科を受診すると、治療は内視鏡か手術のどちらがいいか迷うことがあります。ここはすべての消化器疾患を対象に、内科と外科の垣根を完全に取り払い、混成の受け持ちチームで診療と治療にあたることで、患者さんに最適な医療を提供しています」

 消化器センターは、部位ごとに上部消化管(食道・胃)診療チーム、下部消化管(小腸・大腸)診療チーム、肝胆膵疾患診療チームの3つに分かれ、それぞれのチームに外科医と内科医が混合して配属されている。

 さらにこの医療施設は、土曜・日曜・祝日にも、初診から外科手術まで通常と変わらない診療を行なっている。従来の医療機関では、一般的に土曜や日曜は急患以外の診療はできなかった。しかしこの施設では、看護師はもちろんのこと、医師もシフト制を導入しており、内視鏡や手術までも、平日と同様に通常対応している。患者本位の医療の実践を行なう医療機関として注目されている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
【同業者が選ぶゴッドハンド医師:消化器編】食道がんの名医
食道がん 飲酒後に顔が赤くなる人のリスク12倍との研究結果
がん治療に第4の選択肢 「ロボット手術」が保険診療併用へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP