ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「昼食時のビール」でも依存症要注意群に 厳しい診断テスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 休日の散歩中にふらりと入った昼時の蕎麦屋。通を気取って、まずは天ぷらをツマミに冷酒を一杯──。多くの人が羨むだろう粋なひとときだが、その行為は「アルコール依存症」と見なされかねないのだという。

“そんなバカな”と驚かれるかもしれないが、厚労省や全国の医療機関、製薬会社などのHPで紹介されている「診断テスト」では、そう診断されてしまうのだ。その驚きの基準を見てみよう。

 まず、質問されるのは「最近6か月の飲酒習慣」だ。男性版には10の質問があり、それぞれに「はい」「いいえ」で答える。

 1項目でも当てはまれば「アルコール依存症要注意群」、4項目以上だと「依存症の疑いがある」と判定される。

 たとえば「朝酒や昼酒の経験が何度かある」。ゴルフ場の昼食時にビールを飲むゴルファーは珍しくないが、その人たちはもれなくアウトだ。

 続いて「酒を飲まないと寝付けないことが多い」。寝酒の習慣がある人はもちろん引っかかる。この2つの質問は少なからぬ人に当てはまるのではないか。

 設問では、飲酒に対する意識も問われる。たとえば「飲まない方がよい生活を送れそうだと思う」。確かに深酒して二日酔いの日には、誰だってそう考えるだろう。また、読者諸氏の周囲に「酒を飲まなければいい人なのに」といわれる同僚や友人は、1人や2人ではないはずだ。ましてや「食事を1日3回、ほぼ規則的にとっていない」なら、酒を飲んでいるかどうかにかかわらず依存症の疑いが濃くなってしまうというのはどうにも解せない。

 女性版にもなかなか厳しい設問がある。「今日だけは飲むまいと思っていても、つい飲んでしまう」ことは男女関係なく珍しくもない話。「飲酒しながら仕事、家事、育児をすることがある」となると、“ママ友とのランチでワインを一杯”も“ビールを飲みながら自宅で翌日の資料作り”もNGとなってしまうのだ。

 この判定方法の正式名称は「新久里浜式スクリーニングテスト」という。日本初のアルコール依存症専門病棟を設立した久里浜医療センターが作成したもので、前述の厚労省などのHPでもこのテストをそのまま掲載している。「新」という名称からわかるとおり、この診断テストは10年前に作成された“新規準”だ。

 医療機関における依存症診断はWHO(世界保健機関)の規準に基づいて行なわれるのが一般的だ。この診断は「離脱症状」が重視され、「飲酒を中断した後に痙攣発作を起こす」「飲酒を中断した後に手指、躯幹(胴体)の振戦(ふるえ)が起きる」など、飲酒後の状態を医学的に判断する手法が含まれ、単なる飲酒習慣の調査ではない。

 それに対して、「新久里浜式」は「簡易版」という位置づけであるとはいえ、依存症(の疑い)に当てはまる人が増えてしまう。有り体に言えば「厳しい基準」なのだ。

 依存症という疾病に注意を喚起することの大切さは否定しないが、「昼間に飲酒したら、依存症かもしれません」というのは、いくら何でも“啓蒙活動”が過剰なように思えてならない。

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
アルコール依存症防止 一人家飲みならビール500缶1本目安に
自殺者のうち1/3がアルコール依存気味働き盛り男性と医師指摘
【キャラビズム】アルコール依存とゲーム依存、共通点は何?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP