ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

90才料理研究家「だしは削り節で充分。手間もかからない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHKの料理番組『きょうの料理』などでもお馴染みの“ばぁば”こと日本料理研究家・鈴木登紀子さん(90才)が、女性セブンで連載していたエッセイ「ばぁばの遺言」に大幅加筆修正した『ばぁばの料理 最終講義』(小学館/本体価格1400円)を出版する。そんな“ばぁば”が、同郷・青森県の霊能者・木村藤子さんと特別対談を行った。

 * * *
鈴木:まんず、まんず、よお~ぐおでゃってくんしゃりゃんしたごど! まあ、まあ、ようこそいらっしゃいました。今日はどうぞよろしくお願いいたします。

木村:こちらこそ、よろしくお願いいたします。このたびは『「ばぁばの料理」最終講義』のご出版、おめでとうございます。私、この本のもとになった女性セブンの連載エッセイ「ばぁばの遺言」(2012年3月~2013年11月)が大好きで、毎週切り抜いて保存していたんですよ。

鈴木:まあ、それはうれしいこと。ありがとうございます。

木村:本ではお料理とレシピがカラーページになっていて、とても素晴らしいと思いました。今この時を生きる日本人が知らない日本の食文化、あるいは忘れてしまった美しい作法に、改めて気づかせてくれる、とても貴重な本です。

鈴木:木村さんにそう言っていただけると、心強いですわね。みなさまにも買っていただけるかしら。

木村:ええ、そう思いますよ。

鈴木:(声をひそめて)もしかして、何か視えていらっしゃる?

木村:いえ、いえ、視えておりません(笑い)。よい本ですから、売れますよ、きっと。

鈴木:私はもう90年生きておりますし、それはやはり年の功といいますか、知っていることも多くなりますもの。つまりは、みなさまがお若いということなのですよ。

木村:そうですね…と言っては失礼ですが(笑い)、連載時から「なるほど」と膝を打つことが何度もありました。例えば、鈴木先生はおだしのとりかたひとつとっても、「おだしは究極のインスタント料理」だと。

鈴木:だって、おだしの材料となる昆布や鰹節は、長い時間と手間をかけてつくられる乾物でしょう? おだしはこれらを利用して短時間でとるもの、いわば“インスタント料理の元祖”ではないかしら。

木村:まさにその通りですね。

鈴木:何も料亭みたいなおだしをとりなさいというのではないのですよ。ご家庭のおみそ汁や煮ものには、削り節だけで充分。煮立ったお湯に、削り節をむんずとつかんでパッと放って、中火で静かに煮立てるだけです。ただし、削り節はケチらないことよ。手間としては顆粒や液体のおだしと大して変わらないのです。でも、手加減次第で、そのご家庭だけにしかないお味が生まれます。それが“おふくろの味”になるのですから。

木村:そういうことですよね。私が娘に伝えたいことも、まさにそこなんです。お嫁に行く時は、この本を嫁入り道具に忍ばせてやらねば…と思っています。

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
90才料理研究家 料理研究家の娘と正月料理について語り合う
88才料理研究家 若い長髪女性のそばの食べ方に苦言を呈する
筑前煮に肉豆腐… 酒の肴にもいい作り置き小鉢料理レシピ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP