ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベネッセが2070万件もの個人情報が流出 なぜかジャストシステムが叩かれる流れに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨日報道されたベネッセの大規模個人情報流出。同社の通信教育のサービスを利用している名前、住所、電話番号などあわせて2000万件以上が流出していたことが判明。

そんな顧客情報を『ATOK』や『一太郎』で有名なジャストシステムが流用してダイレクトメールが送っていたことが判明。ベネッセにしか登録していない顧客が他社からメールが来るようになり問い合わせたことからわかった。

しかし今回のこの騒動、ジャストシステム側は流出したものだと知らずに利用していたようだ。しかしテレビやマスコミは大手スポンサーであるベネッセではなくジャストシステムに対して矛先を向けだしたのだ。いわゆるスケープゴートである。
『Twitter』でも次のような意見が書かれている。

・これジャストシステムとばっちりくらってるだけだよねwwwしかもストップ安とかになってるしwww
・なんで流出させたベネッセが叩かれずに、名簿屋から買ったジャストシステムが叩かれているのかと思ったら、広告出稿量の差か…
・そのベネッセの名簿の出所自身が怪しいんだけどね。

ベネッセ → 経路不明 → 都内名簿業社 → 文献社 → ジャストシステムと言う流れでたどり着いたようだ。ジャストシステムも正しい名簿か確認を怠った非があるが、それにしてもとばっちりである。『ATOK』を愛用しているだけに残念である。


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP