ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その大きさ米粒級!?富士急行「日本一!小さい入場券」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世界遺産「富士山」は、7月1日に山開きを迎え、登山シーズンが始まった。富士急行では、富士山世界遺産登録1周年を記念した「日本一!小さい入場券」を、7月12日より販売する。

「日本一!小さい入場券」(3776円)は、「日本一長~いきっぷ」(平成24年発売)、「日本一!高い入場券」(平成25年発売)に続く、日本一きっぷシリーズ第3弾。地元富士吉田産のミルキークイーン(日本米)のお米1粒を使い、長さ約5mmの表面に入場券料金と乗車券番号、裏面には世界文化遺産登録1周年となった富士山がデザインされている。

この「日本一!小さいきっぷ」は、米粒アートにおいて高い技術力を誇るペイント工房ルピナス(大阪府茨木市)の協力により製作したが、あまりにも小さいため、販売の際は富士急行線オリジナルのキーホルダーに入れた状態での引き渡しとなる。

また、500セット限定「富士登山安全祈願入場券」(500円)も同時発売!この夏、富士登山を計画中という人は思い出の1つにいかが?詳しくはこちら(http://www.fujikyu-railway.jp/forms/top/top.aspx)から。

■「日本一!小さい入場券」
発売期間:7月12日~
発売金額:3776円
販売数:20個 ※以降は受注生産。
効力:富士急行線富士山駅に入場が可能 ※有効期限は1年間
(電車内に立ち入ることや、乗車券として利用することはできない)
販売箇所:富士急行線富士山駅
企画協力:ペイント工房ルピナス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP