ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【カイゾクレビュー】ダイオウグソクムシ型のiPhone5ケースの質感が高すぎてテンション上がる(笑)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

自称・海を駆ける男“海賊さん”が新しい獲物をひっさげて登場だ。

今回の獲物は……深海の紳士(勝手に名づけた)、ダイオウグソクムシさんをかたどったiPhoneケース。その名も『ダイオウグソクムシ1号たん 超リアルiPhoneケース』(以下、グソクムシiPhoneケース)だ。

この『グソクムシiPhoneケース』は、2014年春に開催された『ニコニコ超会議3』の“超ダイオウグソクムシブース”で販売されたもの。ちなみに当日販売分は完売したそうだ。

そして再販として復活した今回のモデルでは、通常版に加えて限定カラーである「深海GOLD」も数量限定で500個用意された。


※しかし、記事執筆時点ではいずれのモデルも完売とのこと。残念。

いずれも、本体サイズは105mm ×205mm×50mmで重量は約294g。なかなか大きくズッシリするが、Gパンのポケットにも(かろうじて)収まる。

“ケース”への着脱は尻尾を外してスライドさせることで可能となる。


グソクムシのツメが画面に一部引っかかる構造上、電源ボタンが多少押しづらかったり、画面フリックがしにくい場面もあるかもしれないが、このケースのデザイン性や存在感、意義を考えた場合、iPhoneの操作など取るに足らない問題だ。ちなみにカメラレンズもふさがれる。が、操作性や機能よりも大事なものを、この『グソクムシiPhoneケース』に見出した人にとっては、どれも些細なことにすぎない(はずだ)。

残念ながら現在は完売してしまっているが、販売時の価格は、通常版が7,980円、限定カラー「深海GOLD」が12,800円(いずれも税抜)となっている。
再販予定は不明な『ダイオウグソクムシiPhoneケース』、街でこのレアグッズを見かけたら、ねぶるような視線を送ってあげよう。

関連リンク

ダイオウグソクムシ iPhone 5s/5ケース 1号たん(通常)| ダイオウグソクムシ | RUN’A TOWN|ラナタウン
http://www.runatown.com/shopdetail/000000004743/ct646/page1/order/

【カイゾクレビュー】海賊さん「襲い来るダイオウグソクムシに大ハッスル」の巻
http://youtu.be/WrLX_LyMjhA

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP