ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アディダス、心拍センサーを搭載したスポーツ・フィットネス用の新ウェアラブルバンド「miCoach Fit Smart」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アディダスがスポーツ・フィットネス用の新しいウェアラブルバンド「miCoach Fit Smart」を米国・サンフランシスコで行われた「Wearable Technologies Conference 2014」イベントで発表しました。miCoach Fit Smartは、スポーツやフィットネス時のトレーニングをトラッキングすることを目的に開発されたリストバンド型デバイスです。本体の裏面に光学式の心拍センサーを備えており、運動中の心拍数やその変化をリアルタイムに確認できるので、心拍ゾーンを基準にして運動強度を変化させる心拍トレーニングなどの用途にも利用できます。基本的にはFitbitやFuelBandと同じ製品で、歩数や移動距離、消費カロリーのほか、ランニング中にはペースやラップタイムなどの情報もリアルタイムに確認できます。日々の行動を記録する一般的なアクティビティトラッカーの機能に加えて、外でのランニングやジムではスポーツウォッチとしても使える製品です。画面上には17×11ドットのLEDディスプレイがあります。カラバリはブラックとホワイトの2色で、シリコン製のリストバンドが付属します。重さは47g(Sサイズ)/50g(Lサイズ)。通信規格はBluetooth v4.0。バッテリー容量は200mAhで、1日1時間のワークアウトを行った場合、5日は持つと言われています。miCoach Fit Smartは8月15日に英国で、8月下旬に米国で発売されます。米国価格は$199(約2万円)です。対応機種にはAndoridも含まれているようです。発売時期になると専用アプリ「miCoach Train & Run」がアップデートされる予定で、その際、miCoach Fti Smartがサポートされるほか、週ごとの目標を設定する機能なども追加されます。Source : Pocket Lint


(juggly.cn)記事関連リンク
Snapdragon S4 PlayをAndorid 4.3やAndorid 4.4.xに対応させるようQualcommに求める署名キャンペーンがChange.orgで開始
Android “L”を搭載した謎のMotorolaスマートフォンが流出、Moto X+1か?
Androidの「QuickSettingsパネル」はAndroid “L“の今後のアップデートでカスタマイズ可能になるかも

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP