ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VIXX デビューアルバム発売イベント、神戸と東京でハイタッチで交流

DATE:
  • ガジェット通信を≫

K-POPグループ、VIXX(ヴィックス)が、7月2日に日本デビューアルバム「DARKEST ANGELS」をリリースし、発売記念イベントのため来日。7月5日兵庫・神戸ハーバーランド スペースシアター、7月6日東京・ららぽーと豊洲 シーサイドデッキにてハイタッチ会を開催し、のべ1万人のファンと交流した。

左から:レオ、ラビ、エン、ケン、ホンビン、ヒョギ
7月6日、会場となったららぽーと豊洲 シーサイドデッキは、朝から多くのファンで賑わいを見せていた。炎天下の中、ファンたちの大歓声に包まれながら会場に登場したVIXXの6人。

まずは、リーダーのエンから「来てくれてありがとうございます。天気が大変暑くて、ファンの皆さん、大丈夫か心配です」と挨拶。ファンを心配する言葉に、会場はよりヒートアップし、メンバーの声がかき消されるほどの歓声があがった。続けて、「こんなに暑いのに来てくれてありがとうございます」(ラビ)、「8月にはコンサートもありますので、ぜひ来てください!」(ヒョギ)、「「DARKEST ANGELS」たくさんの愛をお願いします」(レオ)とファンへメッセージを送り、ハイタッチ会がスタート。メンバー6人とのハイタッチで、感動で涙を流すファンも多く、大変な盛り上がりを見せた。

今回のハイタッチ会は、日本デビューアルバムに封入された「ハイタッチ会参加券」を持参した人全員が対象。ハイタッチ会参加なく観覧だけのファンでも、ライブ・パフォーマンスが一切無いにも関わらず、神戸会場にはのべ約5千人、東京会場にはのべ約1万人のファンがVIXXを一目見ようと集まるなど、既存のファンはもちろんのこと、K-POPファンたちのVIXXへの高い関心がうかがえた。

7月2日にリリースされたVIXXの日本デビューアルバム「DARKEST ANGELS」は、韓国のデビュー曲「SUPER HERO」から、ヴァンパイヤという強烈なコンセプトによるパフォーマンスが話題になった「傷つく準備ができてる」、韓国で初の音楽番組1位を獲得したヒット曲「呪いの人形」、そして最新シングルの「奇跡(Eternity)」など、VIXXらしい楽曲が詰まったアルバム。7月7日付のオリコンウィークリーランキングでは、日本のビックアーティストらが名を連ねる中、初登場10位にランクインしている。

関連リンク

VIXX公式アーティストサイトhttp://vixx.cjve.jp
VIXX Twitterhttps://twitter.com/RealVIXX_Japan

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP