ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung未発表型番「SM-G8508S」と「SM-G5308W」のミッドレンジ~ハイエンドモデルがGFX Benchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベンチマークアプリ GFX Benchの公式サイトにSamsung未発表型番「SM-G8508S」と「SM-G5308W」を名乗るミッドレンジ~ハイエンドモデルのテスト結果が登録されていました。どちらもAndroid 4.4.4(KitKat)を搭載しているので、ごく最近に開発された機種と考えられます。SM-G8508Sは、4.7インチ1,280×720ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 801 2.5GHzクアッドコアプロセッサ(Adreno 330 GPU)、1.8GB RAM、12GB ROM、背面に1,200万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載。小型ながらもハイエンドな機種です。SM-G5308Wは、5インチ960×540ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHzクアッドコアプロセッサ(Adreno 306 GPU)、0.9GB RAM、5.3GB ROM、背面に700万画素カメラ、前面に180万画素カメラを搭載。64bitプロセッサを搭載したミッドレンジモデルです。Source : GFX Bench(SM-G8508S)(SM-G5308W


(juggly.cn)記事関連リンク
「LG G Vista」とされるLGスマートフォンのプレス画像が流出
Sony Mobile、Xperia Z2 Tablet SO-05F/SOT21向けに録画番組のもくじ情報を確認できるスモールアプリ「もくじでジャンプ」をリリース
「Android Wearが何故か音声コマンドを正しく認識してくれない」という問題に遭遇した場合の対処法(Google検索アプリの音声設定を確認してみて)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP