ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

憧れの「七夕デート」実現?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月7日の「七夕」は、織姫と彦星が年に1度だけデートできる日。ツイッター上でも「七夕デート」がホットワードになるなど盛り上がり、なかでも、あるツイートが人気を集めた。

【画像や図表を見る】

7月3日、ツイッター上に「教職の課題がムズすぎる 誰か助けて」というツイートともに、1枚の画像がアップされた。その画像には、「七夕デート課題」という題名が記されており、その内容は、「天の川」「織姫」「彦星」を観察せよ、というもの。課題には「今日中に異性の共同観察者を見つける」という、ハードな条件が課せられており、このツイートは、

「俺が女装しようか?」
「異性でいいのなら妹とか、姉とか、従姉妹でも良いはず」

などのコメントがあったほか、7000人以上にリツイートされた。

当ツイートで課題にもなった「七夕デート」だが、実際7月7日に実行した人はどの程度いたのだろう? ツイッターで「七夕デート」で検索してみると、

「これから七夕デート」
「夜七夕デートだからそわそわしてる」

など、うらやましい人が少数いるものの、大半は、

「夜中でもいいからぼくと七夕デートしてくれる人おらんのかね」
「結局家で1日中ごろごろしてしまった。七夕デート??そんなの存在しません」
「七夕デート?雨です」
「友達今日七夕デートだってーーーーいいなああああ青春感があああ」
「今日は七夕デートとか言ってる奴は仲良く笹でも食っててくれ」

など、恨み節やボヤきばかり。今年の七夕は全国的に天気に恵まれなかったため、天空の織姫と彦星が会えなかった可能性は高いが、地上でも「七夕デート」のハードルはなかなか高かったようだ。
(R25編集部)

憧れの「七夕デート」実現?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
デートの誘いはお世辞のあとで!?
夏の東北はお祭り天国だった!
可愛すぎる鉄オタ芸人と絶景デート
750万円~最新宇宙旅行プラン
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。