ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片平里菜、1stアルバム収録曲「HIGH FIVE」のMVを公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月6日に待望の1stアルバム『amazing sky』をリリースする片平里菜。今回、そのアルバムに収録される新曲「HIGH FIVE」のミュージックビデオがYouTubeの片平里菜公式チャンネルにて公開された。


今作は前作「Oh JANE」に続きムラカミタツヤが監督を務め制作された。現在は廃校となっている学校の図書館で、大量の本と紙を用意して撮影。大量の紙を舞わせて撮影したこともあって、ワンシーンごとに紙を片付ける作業や、積み上げた本の山を豪快に崩すシーンでも本の積み直しなど時間と手間がかかったという。また、撮影ごとに向上する片平里菜の演技も必見。本のページを勢い良くビリビリ破くシーンでは、思ったより紙が厚く破くのに一苦労する場面も。同じシーンを何度も撮影し独特のループ感のある仕上がりになっている。

片平里菜は年齢的には今まさに大学に通っている学生が同年代。シチュエーション的にも片平里菜の幻のキャンパスライフが想像できるような映像になっている。そんな彼女が図書館で思い悩む姿や、自分の殻を破くかのように本をビリビリ破いていく痛快な姿は、歌詞同様に10代の女の子たちの姿に重なり、共感を呼びそうだ。

7月11日には5月から続く全国弾き語りツアーもいよいよファイナルを迎える。会場となる自由学園明日館は元々校舎として建設されたというこ とで、偶然にも今回のミュージックビデオと世界観が近い。チケットが発売開始5分で即日ソールドアウトしたファイナル公演。残念ながら参加できない人も、ミュージックビデオを観ながらライブを想像してみるのも一つの楽しみ方かもしれない。

「HIGH FIVE」MV
http://youtu.be/cewA9qe6cYo

アルバム『amazing sky』
2014年8月6日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

PCCA.4064/¥3,500+税

【通常盤】 (CD)

PCCA.4065/¥3,000+税

<収録曲>

01. 夏の夜

編曲:島田昌典

02. tiny room

編曲:arbeit boy

03. HIGH FIVE

編曲:山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

04.女の子は泣かない

編曲:島田昌典

05.あなた

編曲:久保田光太郎

06.teenage lovers

編曲:コトリンゴ

07.CROSS ROAD

編曲:山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

08.Hey boy!

編曲:arbeit boy

09.Oh JANE

編曲:亀田誠治

10.心は

編曲:安野勇太(Hawaiian6)

11.Come Back Home

編曲:arbeit boy

12. amazing sky

編曲:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

13.始まりに

編曲:山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

全曲 作詞・作曲:片平里菜

<DVD収録予定内容>

Music Video

ライブ映像(渋谷WWW 2014.1.31)

メイキング映像(Music Videoメイキング、ライブドキュメントほか)

など約60分の豪華内容を予定

■封入特典

フリーライブチケット

弾き語りコード譜(初回限定盤のみ)

■予約/先着購入W特典

・オリジナルラジオCD「カタコトLOCKS!」(TOKYO FM「片平LOCKS!」×FM yokohama「カタコトラジオ」)

・「amazing sky」オリジナルギターピック(チェーン別カラー)

※予約/先着購入W特典は、一部店舗/オンラインショップでは対象外となります。あらかじめ、購入される店舗にて確認のうえのご予約をお勧めいたします。

『片平里菜 1st ALBUM「amazing sky」リリース記念 フリーライブ』
8月09日(土) 関東

8月10日(日) 名古屋

8月10日(日) 関西

8月17日(日) 福島

8月22日(金) 札幌

8月24日(日) 福岡

「片平里菜 あの場所で偶然 弾き語りツアー2014」
7月11日(金) 東京 自由学園明日館<SOLD OUT>

※完全アンプラグドライブ・ワンマン



(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
片平里菜 オフィシャルサイト
片平里菜、アルパムプレオーダー&新曲「HIGH FIVE」先行配信スタート!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP