ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、台湾におけるLTE国際ローミングに速攻対応、7月10日より利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは7月9日、台湾・イタリア・バチカンにおけるLTE国際ローミングを明日以降提供することと、中国移動のスマートフォンユーザー向けに同社のLTEネットワークが国際ローミングに対応したことを発表しました。台湾では今年6月に商用LTEサービスが開始されたばかりなので、ソフトバンクは速攻で国際ローミングに対応したことになります。素早い対応ですね。これから台湾に訪問されるソフトバンクユーザーさんは、事前にチェックしておくことをおすすめします。台湾では明日7月10日より、イタリアとバチカンでは明後日7月11日よりLTE国際ローミングが利用できるようになります。台湾では中華電信(Chunghwa Telecom)、イタリア・バチカンではTIのネットワークを利用することになります。これらの国も「海外パケットし放題」の対象に含まれています。中国移動ユーザーには7月10日よりFDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」ネットワークにローミング可能になります。Source : ソフトバンク(台湾・イタリア・バチカンのローミング)(中国移動


(juggly.cn)記事関連リンク
「ツール·ド·フランス 2014」のレース結果・速報を確認できるAndroidアプリが配信中
Android Wearで、スマートフォン・タブレットからの通知をアプリごとに停止する方法
Perfect Screenshot : 様々な端末メーカーのスマートフォン・タブレットの画像をフレームにしたスクリーンショットを作成できるアプリ、最新機種の画像を収録、プレビューも可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP