ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Wearスマートウォッチ「LG G Watch」向けとしては初のカスタムROMとなる「Gohma ROM」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wearを搭載したスマートウォッチ「LG G Watch」向けとしては初のカスタムROMとなる「Gohma ROM」がリリースされました。今回紹介するカスタムROMは、Android Wearの外観をそのままに、パフォーマンスやバッテリーの持ちを改善するためのチューニングを施したという内容です。具体的には、バッテリー消費の改善、スクリーン間の移動時のラグ軽減、全体的なパフォーマンスの改善、バイブレーション強度の変更(アップ)を行っています。LG G WatchにGohma ROMを導入するには事前にブートローダーのアンロックとUSBデバッグの有効化を行なう必要があります。まずは、USBデバッグを有効にしてPCからadb reboot bootloaderコマンドを実行します。ブートローダーが表示されるので、fastboot oem unlockコマンドを実行してブートローダーをアンロックします。その後、RootzWikiのスレッドで配布されている「gohma-gwatch-1.0-preview3.zip」をダウンロードしてPC上で解凍。中に含まれている「windows_installer.bat」(Windows用)、「linux_installer.sh」(Linux用)、「osx_installer.sh」(Mac用)を実行するという流れです。全ての手順はZIPファイルに含まれているREADME.txtに記載されています。Source : RootzWiki


(juggly.cn)記事関連リンク
「ツール·ド·フランス 2014」のレース結果・速報を確認できるAndroidアプリが配信中
Android Wearで、スマートフォン・タブレットからの通知をアプリごとに停止する方法
Perfect Screenshot : 様々な端末メーカーのスマートフォン・タブレットの画像をフレームにしたスクリーンショットを作成できるアプリ、最新機種の画像を収録、プレビューも可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP