ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「かっこいいデザイン」の末路があまりに悲惨… 「デザイナーが気の毒」「凌辱レベルw」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「かっこいいデザイン」の末路があまりに悲惨… 「デザイナーが気の毒」「凌辱レベルw」

最近ではありふれた実用品でも、かなり洗練されたデザインを持つアイテムが増えているが、こうした「見た目の良さ」は、必ずしも「使いやすさ」と一致するわけではない。そんななか、「使いやすさ」という観点から、デザイン無視でカスタマイズされてしまった、ある意味、”悲惨な画像”が、ネット上で話題となっている。

説明がないため詳細は不明だが、どうやらこの製品、コンビニなどに設置されているコーヒーなどのホットドリンク販売マシンである模様。もともとはスタイリッシュなデザインであったと推測されるが、サイズを示す「R」「L」の表示が把握しづらく、また、人によっては、左右を示す「R」「L」などとも頭の中でごっちゃとなって混乱させてしまうため、わざわざ日本語の表記を書き足された格好となっているのだ。無論、デフォルトのデザインは丸無視。

これに対しネット上では、

「英語がかっこいいという風潮やめろ」
「俺も最初「右?左?どういう意味?」と戸惑ってしまったよ」
「客が操作するなら英語だけの表記は不親切だな。客には高齢者だっているだろうし。」

と、もともとのデザインが「使いやすさ」を無視した結果ではないか?と見る声も多いが、その一方で、デザイナーが気の毒だという声も。やはり、万人を対象としたアイテムのデザインは実に奥が深いようだ。

文・島田克彦

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/bitsoil/status/485361874918064128/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。