ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB高橋みなみとの「コンビ名」を聞かれたHKT48・指原莉乃が、爆速で天才的な回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

文字通り大所帯であるAKB48系列グループ。あれだけの大人数がいれば、学校の1学年や1クラスと同じく、親友のように仲の良い2人組というのが多く形成されるもの。

メンバー自身やファンの間では、そんな仲良し2人組に”コンビ名”を付けるのが定番となっており、現在のメンバーでは、横山由依と川栄李奈の2人組、その名も”横栄”(よこえい)が特に有名なコンビのひとつとなっているが、そんな”コンビ名”の名付け方において、HKT48の指原莉乃が抜群のセンスを見せている。

指原は7月9日、ツイッター上でひとりのファンから、次のような質問を受けた。

「たかみなさんと莉乃ちゃんのコンビが好きすぎる、、何かコンビ名とかないですか」

これに対し指原は一言、以下のように返したのである。

「運営。」

これは、指原と高橋みなみが置かれている特殊なポジションをうまく表現した回答だ。

まず高橋は、2012年8月より、メンバーとしての活動をしながら「AKB48グループ総監督」という役職を務めている。そして指原は、2013年4月より「HKT48劇場支配人」をメンバー活動と兼任。そう、2人はともに、ひとりのメンバーでありながら運営側にも入っているという、数年前のヤクルトでいう古田敦也、スラムダンクでいう翔陽高校の藤真くん的存在なのである。

そんな共通する特殊なポジションを、「運営」というたった一言で表した指原。おそらく、前述の”横栄”の語感ともかけているのではないかと考えられる。指原は、上のようなやり取りをたった20分ほどで返しており、そのスピードと天才的なセンスには、脱帽の一言だ。

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/345__chan/status/486704261883916288 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP