ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『アナと雪の女王』オリジナルサントラがディズニー初のハイレゾ音源で7/16より配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-」のハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源(48kHz/24bit)の配信が、「mora ~WALKMANR公式ミュージックストア~」、「e-onkyo music」より7月16日より販売開始される。ディズニーのサウンドトラックでは、今作が初のハイレゾ音源配信となる。

「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-」には、話題のオリジナル英語歌であるイディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」(英語版劇中歌)や、日本版ヴォイスキャストの松たか子が歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」(日本版劇中歌)、May J.が映画のキャンペーンを通じて歌ってきたもう1つの「レット・イット・ゴー~ありのままで~」(カヴァーVer.)、「レット・イット・ゴー(マルチ・ランゲージ・メドレー)」(25ヵ国語Ver.)やカラオケ音源等を収録。 

「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」は、日本でのパッケージCDセールスが累計100万枚(5月3日発売の「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-」と合算)を出荷、デジタルセールスも累計340万ダウンロードを記録し、アニメ映画サウンドトラック歴代1位(オリコン調べ)を更新。次々と記録を破り、好調なセールスを続けている。空前の大ヒットとなっている話題作のサウンドを、高音質で楽しむことができる。

映画『アナと雪の女王』は、公開から16週目となった現在も、依然として好調な記録を躍進中。6月28日、29日の興行では、2日間で動員20万4445人、興行成績は2億7438万4350円の成績で、週末興行成績ランキングで1位を獲得した。累計では、動員1906万6314人、興行成績242億5429万9500円となっている。

なお、『アナと雪の女王』は、MovieNEXで7月16日に発売される。ブルーレイ/DVDのレンタルも同日開始となる。MovieNex発売に先駆け、7月9日からオンデマンド先行配信を開始する。

リリース情報
「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-」

ANTCD-12090 3,600円(税込)
(C)2014 Disney Enterprises, Inc.
詳細:http://www.disney.co.jp/records/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP