ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)の中国 都市部におけるスマートフォンシェアは21%で2位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kantar Japanは7月9日、中国 都市部でスマートフォンを購入した方を対象に行ったインターネットアンケートに基づく現地でのスマートフォンシェアを発表しました。調査は2014年1月~5月にわたって過去1ヶ月間にスマートフォンを購入した16歳以上の男女15,00名/月を対象に調査を行いました。その結果、シェアトップはSamsung(23%)、2位は小米科技(21%)、3位はApple(16%)、4位はHuawei(10%)、5位はLenovo(6%)でした。残り23%はその他に分類されています。同社は今急成長を続けているXiaomiに注目して、同社製スマートフォンを購入した方に以前使っていた端末のメーカーを聞いたところ、全体の70%がスマートフォンを利用しており、また、20%がXiaomiからの乗り換え、18%がNokiaからの乗り換え、17%がSamsungからの乗り換えだったとして、NokiaやSamsungからの乗り換え者が多いことを指摘しました。Source : Kantar


(juggly.cn)記事関連リンク
「ツール·ド·フランス 2014」のレース結果・速報を確認できるAndroidアプリが配信中
Android Wearで、スマートフォン・タブレットからの通知をアプリごとに停止する方法
Perfect Screenshot : 様々な端末メーカーのスマートフォン・タブレットの画像をフレームにしたスクリーンショットを作成できるアプリ、最新機種の画像を収録、プレビューも可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP