ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦の楽曲に新鋭作家を起用したジャニー喜多川氏の慧眼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌手・田原俊彦(53)の新曲『LOVE&DREAM feat.SKY-HI/Bonita』が、7月2日のオリコン週間シングルチャートで30位に入った。わずか数年前まで、新曲がいずれも100位圏外だったことを考えれば、最近の躍進ぶりは復活を印象付けるものとなっている。そして、8月6日には、デビュー35周年を記念し、全シングル・コンプリート・ベスト・アルバム『35th Anniversary All Singles Best 1980-2014』を発売する。

 6月発売のシングルは、いわゆる両A面という形をとった。『Bonita』の作詞は、田原の大ヒット曲である『ごめんよ涙』『かっこつかないね』も担当した松井五郎氏だ。古参の芸能記者が話す。

「1980年のデビュー以降、阿久悠さんや筒見京平さんなど、超大御所が田原の楽曲を担当することもありました。ただ、ライバルと見なされていたマッチ(近藤真彦)と比べると、田原の場合は新鋭の作家が書くことも多かった。『ハッとしてGOOD!』『NINJIN娘』『ブギウギI LOVE YOU』などは、宮下智さんという女性が手がけていました。

 マッチの楽曲は作詞・松本隆さん、作曲・筒見京平さんという黄金コンビが基本だっただけに、田原の曲を新鋭作家が作詞していたのは、意外に感じる人もいたかもしれません。

 しかし、宮下さんの楽曲は、可愛げがあって底抜けに明るいトシちゃんの特徴を見事に捉えていた。『NINJIN娘』なんてマッチが歌ったら変ですけど、トシちゃんが歌うとハマる。『ブギウギI LOVE YOU』では曲のなかで、田原が『はははははは!』と笑う場面がありますが、これも宮下さんにしか書けないセンスでしょう。『ハッとしてGOOD!』のほんわかした雰囲気も然りです。2人の息がぴったりと合っていました。プロデューサーだったジャニー喜多川氏の慧眼には、脱帽するばかりです」

 アイドル初期時代から中期時代に突入すると、まだデビュー前だった久保田利伸が『It’s BAD』『華麗なる賭け』などを提供。田原のイメージを変えていった。

「久保田のダンサブルな楽曲が、田原の踊りをより際立たせた。この時期の楽曲も、マッチの大御所に対し、トシちゃんは新鋭に任せるという傾向が見て取れます。

 その後、阿久悠さんと宇崎竜童さんプロデュースという時期を経て、『びんびんシリーズ』の時代に移ります。『教師びんびん物語II』の主題歌『ごめんよ涙』は、作詞・松井五郎さん、作曲・都志見隆さんのコンビ。松井さんは安全地帯などの作詞を務め、業界に名を馳せていましたが、都志見さんはまだ活躍し始めたばかりの頃。田原の楽曲を振り返ると、新しい作家陣を発掘してきた歴史ともいえます」(同前)

 松井氏と都志見氏は、田原のジャニーズ事務所独立以降も詞を提供しており、20周年、30周年というアニバーサリーイヤーには、2人がシングルを担当している。

「ジャニーズ事務所独立以降も、この2人は楽曲の提供を惜しまなかった。田原も『僕のことをよく知っている』と2人を信頼しています。都志見さんは、今回の35周年での曲の提供はありませんでしたが、田原のコンサートにも頻繁に足を運んでいます。彼らの絆は深いですね」(同前)


【関連記事】
新曲発売の田原俊彦 デビュー時から「口パク拒否」した理由
田原俊彦LIVEに元CHA-CHA木野がバックダンサーとして復活
田原俊彦のライブで異変発生 男性から「兄貴!」のかけ声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP