ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歌詞に「東海」含む韓国の国歌 2006年まで著作権料発生した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカーワールドカップブラジル大会の影響で、寝不足になっているという人も多いのでは? サッカーの代表戦では、試合前それぞれの国歌が歌われるのが恒例となっているが、いろいろな国歌があり、なんとも興味深い。

 ちなみに日本の国歌「君が代」の歌詞は、古今和歌集に収録されている短歌のひとつ。皇統の永続性がテーマとなっており、「君」は「天皇」を指していると解釈されることも多い。

 一方韓国の国歌はどんなものだろうか。その歌詞を訳すとこうなる。

〈東海と白頭山が 干上がりすり減るほど神が守ってくださる わが国〉

 東海とは、韓国での日本海の呼び名。日本はこの名称に抗議しているが、まさか国歌で歌い上げられているとは。

 また、韓国国歌は2006年まで作曲者に著作権があり、イベントなどで使用するたびに主催者が使用料を払っていたという珍しい歴史もある。

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
158番まであるギリシャ国歌 演奏時間は55分、普段は2番まで
ほとんどの学校行事から国旗国歌が姿を消した背後に自民党
北朝鮮の国歌 金正日親子を讃える歌で国民きちんと歌えない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP