ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年用の浴衣はもう用意した?!花火大会だけじゃない…!!浴衣でお出かけスポット3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


梅雨が明けると始まる花火大会シーズン。彼氏との花火大会デートに浴衣で行くと、気分も盛り上がるもの。でも、浴衣の出番は、花火大会だけではもったいない!そこで、この夏、浴衣で出かけたい&出かけるとオトクなスポットをまとめてみた。気になったらすぐ計画を。

1.「東京湾納涼船」
まずご紹介するのは、東海汽船が運航する東京湾納涼船。揺れの少ない5000tクラスの大型客船で東京湾をクルージングしながら、美しい夜景とバラエティ豊かなフードメニュー、音楽・ダンスなどが楽しめる。現在「ゆかたで楽しむ!ゆかたで得する!!」をコンセプトに、「ゆかた割」を実施中。金・土・日・祝日を除き、ゆかた姿で乗船の大人は、料金が1000円引きと超オトク。今年はぜひ浴衣で、東京の夏の風物詩である「東京湾納涼船」を楽しもう。(http://www.nouryousen.jp/

2.「渋谷de ゆかた女子会プラン」
次は、「ゆかた一式(ゆかた・帯・下駄・巾着・着付小物)・着付けサービス・食事」がセットになったプランをチェック。「長沼静きものひととき渋谷店」で浴衣姿に変身したら、大正ロマンの香り漂うせいろ蒸し専門店「霧乃個室 蒸し屋清郎」でお食事を。これで料金は9800円。ちょっと贅沢な女子会・花火大会前後の食事にぴったり!詳しくは、WEBでチェックしてみて。(http://www.diamond-dining.com/news/seiroxkimono-hitotoki20140614/

3.「浴衣でモエ・エ・シャンドン」
最後は、「浴衣で装い、モエ・エ・シャンドンと共に非日常の空間をグラマラスに楽しむ」がコンセプトのイベントをご紹介。夏の大人のエレガントな催しとして親しまれているこのイベントも、今年で5年目。風情ある日本の夏を感じながらシャンパンの華やかな味わいが楽しめるよう、特別メニューの提供や豪華ゲストによるパフォーマンスなど、各会場で趣向を凝らしている。大阪、名古屋、福岡、仙台の4都市で7月上旬より順次開催。「浴衣×シャンパン」のコラボが楽しみたくなったら、コチラ(http://moet.jp/legal/)をチェック。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP