ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手を洗うまでアラームが停止しないソープディスペンサー!?衛生モラル向上に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月に入り、いよいよ夏も本番を迎える。この暑い季節になると気になるのが食中毒だ。手洗いは欠かせない。もちろん、トイレ後の手洗いは当然……かと思いきや、American Society for Microbiologyの出した統計によると、実にショッキングな結果が出ているという。なんと3人に1人は手洗いをせずに、公共トイレを出て行ってしまうというのだ。

公共のトイレは老若男女問わず、あらゆる世代、性別の不特定多数の人が利用する場であり、そこから細菌感染が広がってしまう危険がある。公共トイレには、1平方インチあたり300万もの病気を引き起こす細菌がいるというから、いかにトイレ後の手洗いが大切かということがわかるだろう。

人々の衛生意識を高めようと、フィリピンのP&G Safeguardでは、「Germ Alarm」という特殊なソープディスペンサーシステムを用いたキャンペーンを実施。赤色をしたソープディスペンサーは、トイレ内の各ドアに付けられた装置と接続されていて、ドアの鍵が解錠されると、圧力センサーが検知。するとソープディスペンサーのアラームが解除され、ライトが点滅し始める。

このアラームは、ディスペンサーの前部分に設置されているボタンを押すまで鳴り続け、ボタンを押すと音が止まり、同時にハンドソープが適量噴出する。手にソープの泡が付着してしまった人々は、好き嫌いに関わらず、手を洗う羽目になる……というわけ。

実にユニークなこの試みだが、ショッピングモールやレストラン、オフィスや小学校などで、人々の衛生モラル、マナーを向上させることに貢献してくれそうである。

Germ Alarm

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP