ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中絶費用の請求はできるのでしょうか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
中絶費用の請求はできるのでしょうか?

Q.

 クラブで出会った後、連絡先を交換して何時の間にか私は彼に惹かれていました。何度かセックスをした結果、妊娠しました。付き合っているというわけでもなく、「申し訳ないけどおろしてほしい」と言われ中絶しました。中絶費用については、「一気に払うことできないけどお金のことはちゃんとするから!」って何回も言ってたのに、今現在まったくお金を払ってくれません。中絶してもう7ヶ月も経っています。相手とは中絶前は連絡を密にとっていましたが、中絶後はメールの返信なども遅れています。私は中絶が原因でプチ鬱病になり、働いていた子供服店を辞めました。今は立ち直ってきて仕事もちゃんとしていますが、何の苦しみもなく、こっちの気持ちも知らないで毎日平凡に暮らしている相手が許せないです。せめて、半分の額を払ってほしいんです。どおしたらいいのでしょうか?

(20代:女性)

A.

 慰謝料という損害賠償請求が認められるためには、違法な行為があって、それによって損害が生じたという関係が必要です(参照:民法709条)。
 ただ、残念ながら男女(未婚同士の場合)が合意の上でセックスをして、その結果、妊娠した場合、なんら違法行為がないため、最終的に中絶を行ったとしても、損害賠償請求ができないというのが、民法上の考え方となります。
 もっとも、昨今の裁判例の中には、事情によって女性から男性に対する損害賠償請求を認めるケースがあります(参照:東京高裁平成21年10月15日判決 判時2108号・57頁など)。こうした事例にいえる点は、性行為を男女の共同の行為ととらえ、その結果として妊娠中絶による苦痛は、主として女性側に生じる。そのため、男性側はこうした苦痛を軽減する法的義務があるとしている点です。したがって、苦痛を軽減するような配慮などをせず、結果として女性側が精神的な苦痛を負った場合には損害賠償請求が認められることになります。
 相談者のお話では、中絶後相手方からないがしろにされている事、中絶費用の負担もすると言っておきながらしていない事、また、精神的に参ってしまい、退職されたという事情もあります。こうした点を特別な事情と捉え、損害賠償請求をしうる可能性は無きにしも非ずだと考えられます。
 ただ、実際の訴訟になった場合、訴訟期間や費用なども生じます。実際に得られる慰謝料と比較して、訴訟を選択すべきかどうかは悩ましいものがあると思われます。一度、上記の事情を踏まえた上で、弁護士などに慰謝料請求をすべきかどうかをご相談されることをおすすめいたします。

元記事

中絶費用の請求はできるのでしょうか?

関連情報

別れた彼女が中絶し、多額の請求をされた!(なっとく法律相談)
女友達を妊娠させてしまった!中絶してもらいたいが…(なっとく法律相談)
中絶費用を請求された!妊娠の事実を確かめるには?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。