ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昔の35mmネガをスマホスキャナーで電子アーカイブ化!色あせない思い出を残そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近はすっかりデジタルカメラがおなじみになり、今ではアナログカメラは一部の愛好家やプロが愛用するもののイメージがあるかもしれない。昔撮ったアナログ写真が押入れに眠っている……という人もいるだろう。しかし、写真やネガは年月とともに劣化し、そのうち破損してしまう危険もある。

大切な思い出をデジタルアーカイブ化して残したいなら、「Lomography Smartphone Scanner」というツールを使ってみてはどうだろう。これはスマートフォン向けフィルムスキャナーアプリと、ガジェット本体から構成されるツール。スマートフォンを使ってアナログの35mmネガフィルムをスキャンし、電子データ化できるというものだ。

ガジェット本体部分はプラスチックケースのような形状をしていて、お互いをドッキングさせ、積み重ねて使用する。単三乾電池を入れるバッテリー部分があり、バッテリーはネガフィルムに光を照射するライトに用いられる。

ドッキングした一番上部にはスマートフォンをはめ込む部分があり、これはAndroidからiPhoneまで、あらゆる大きさのスマートフォンが自在にはめ込めるように設計されている。撮影の際、スマートフォンをケースから取り出す手間も不要だ。

機体に電池を設置したら、早速使ってみよう。本体の電源をオンにし、アーカイブ化したい35mmネガフィルムを下部にあるスロットから挿入する。スマートフォンカメラをスキャナー側の内向きにして配置。撮影するネガにライトが照射され、プレビューを見ることができる。問題なければそのまま撮影、という手順だ。

当初のオリジナル版に引き続き、このほどアップグレード版の「LomoScanner 2」がローンチされ、より速く、効率的な操作が可能になった。マニュアルで写真の質を調整したり、フィルターを加えたり、パノラマ合成をしたり、パラパラアニメをつくったりできるという。また、作成したデータのシェアも簡単におこなえる。

全体として、この「Lomography Smartphone Scanner」のスキャン写真のクオリティは、少し画像がぼやけたり、色が忠実に再現されなかったりと、プロが使用するには物足りないかもしれない。ただ価格は59ドルとリーズナブルで、一般人が楽しむ分には問題ないだろう。懐かしい思い出のアナログ写真を、色あせないまま残しておけそうだ。

Lomography Smartphone Scanner

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。