ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中みな実アナ独立 先輩・小林麻耶の二の舞い避けられるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 TBSの田中みな実アナウンサー(27)が、9月限りで退社すると発表された。『サンデー・ジャポン』などで見せる“ぶりっ子キャラ”で大ブレイクし、いまやTBSの看板アナの一人となっている。一方で『嫌いな女子アナ』で1位に輝くなど、必ずしも女性受けがいいとはいえないが、それだけ知名度は高い。

 収入的にも安定し、仕事も恒常的に入ってくるテレビ局社員という地位を捨て、フリーの世界に飛び込む。こうした田中アナの独立は、最近では珍しいケースだという。テレビ局関係者はこう話す。

「ここ数年の女子アナのフリー転向といえば、高島彩、中野美奈子、西尾由佳理、平井理央、青木裕子などがいますが、いずれも結婚後で、30歳前後での退社です。そして独立後は、テレビでの露出が減っているケースがほとんどです。高島彩のようにガンガン稼ぐ例は珍しいです。

 彼女たちからすれば、局アナ時代からの喧噪から離れた、今の生活がちょうどいいという思いも強いでしょう。結婚して、家庭に入りたかったので、退社したというほうが適切かもしれません。逆に言えば、最近の女子アナには『フリーになってバリバリ稼ぐぞ!』という気概のある独立はなかったわけです」

 そういう意味では、田中アナのフリー転向は、女子アナ界で久しぶりとなる“勝負の独立”だ。

「TBSからフリーになった例としては、最近では小林麻耶がいます。2009年、30歳になる直前に独立しましたが、タイミングが遅かったと言わざるを得ません。本人がどう考えているかは不明ですが、周囲からは“ぶりっ子キャラ”と認識されており、同じキャラで30代を乗り切るのは困難。

 本人にもそんな思いがあったのか、TBSが19時台に持ってきた帯番組『総力報道!THE NEWS』のキャスターに就任し、イメチェンを図りました。だが、低視聴率に終わり、1年で番組が終わってしまった。局が全体の編成を変えてまで挑んだ19時台のニュースだっただけに、これは本当に痛かった。

 もちろん番組終了は、小林だけの責任ではありませんが、世間の目はどうしてもメインキャスターに向かってしまいます。事実、そのあと小林に大きな話が舞い込んでくるケースは激減しました。それでも、いくつかアシスタント司会は担当しましたが、いずれも視聴率が取れず、話題にならなかった。今は、出演自体が大幅に減っていますね」

 局アナであれば、番組が失敗しても、アナウンサーが責任を取ることはない。だが、フリーアナになると、番組の低迷をみずから背負うことになる。

「昨年、フジテレビの午後の帯番組『アゲるテレビ』が低視聴率のため、わずか半年で終了となりました。メインキャスターの西尾由佳理には、『数字の取れないフリー』のレッテルが貼られてしまい、以降、テレビ番組への出演が減りました。現在は土曜10時台で『世界HOTジャーナル』(フジテレビ系)を担当していますが、今後ゴールデンや帯番組の司会の話はなかなか回って来にくいでしょう」(同前)

 フリーアナの場合、一度の失敗が与えるダメージは、局アナの比ではなく、かなり大きな影響を及ぼす。TBSの先輩・小林アナと同じような“ぶりっ子キャラ”の田中アナの独立は、はたして吉と出るか凶と出るか。

「28歳になる年での退社は正解ですよ。入社から5年で実力と知名度を上げ、年齢的にもまだ勝負できますからね。最高のタイミングだと思います。

 最近の事情を見ても、『女子アナ30歳定年説』は、現実と言わざるを得ません。ですから、独立からの1、2年が、田中にとっては大勝負になるでしょう。ここで、一発ヒット番組を持てれば、その後のフリー生活も波に乗っていけます。仮にコケれば、逆転するのは至難の業です。小林のように無理にイメチェンしようとせず、今のキャラを貫いたほうが良いと思いますけどね」

 田中アナは、独立後も“みんなのみな実”でいられるか?


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中みな実アナ フリー転向で5倍の収入確実とTBS社員語る
NHKアナウンス室 誰にも媚びない「2人の奈穂子」で盤石か
日テレ水卜アナ バッティングセンターで80km球パコパコ打つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP