ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ハリー・ポッター」後日談が明らかに 書き下ろしエピソード公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』
大ヒット作「ハリー・ポッター」シリーズの世界観が体験できる、J・K・ローリングさんが提供するWebサイト・ポッターモアの人気コンテンツ「日刊予言者新聞」で、「クィディッチ・ワールドカップ決勝戦にダンブルドア軍団再集結」と題されたゴシップ記事が掲載。そこで、ハリーやロン、ハーマイオニーたち主要キャラクターの後日談が明かされた。

ゴシップ記事は会員登録をすれば無料で読むことができる。

あの人気キャラクターたちの後日談

「ハリー・ポッター」シリーズは、2007年に発売された書籍『ハリー・ポッターと死の秘宝』を持って完結した大ヒット作。映画版も2011年に公開されている。

今回のゴシップ記事では、「クィディッチ・ワールドカップ決勝戦」の観戦にやってきたハリー一家やダンブルドア軍団の様子を伝えると共に、主要キャラクターたちの現在の状況が報じられている。

間もなく34歳を迎えるハリーは、数本の白髪が混じりながらもお馴染みの丸い眼鏡をかけているところは変わらないよう。また、トレードマークとも言える稲妻型の傷跡とは別に、右頬に切り傷が増えているとも。なお、理由は極秘扱いのようだ。

ほかにも、ロンやハーマイオニー夫妻、ネビル・ロングボトムらの現状が、約9000字のボリュームでたっぷりと描かれている。

7月15日(火)には、大阪にあるテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で、本作の世界を体験できる「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」がいよいよオープン。

また、同シリーズ第1弾『ハリー・ポッターと賢者の石』の70年前のニューヨークを舞台にしたスピンオフ映画が3部作で制作されることが報じられているなど、完結してもなお、その人気は過熱するばかりだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP