ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TBSのW杯中継にブーイングの嵐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サッカーW杯はベスト4が出そろい、全世界の注目は残り4試合に集まっている。今大会はすべての試合を地上波で楽しめるが、ネット上ではTBSのサッカー中継に対して厳しい声が寄せられている。

【画像や図表を見る】

W杯中継は、前大会まで一部の試合がBSやスカパーなどで放送されてきたが、今大会は史上初となる全試合リアルタイム地上波放送が実現した。NHKと民放各局が試合を分け合う形で全試合を中継しており、7月6日早朝(日本時間)に行われたオランダ対コスタリカ戦はTBSで放送された。

試合自体は0対0のままPK戦までもつれ、オランダが辛くも勝利する大熱戦だったが、ツイッター上には試合内容以外の感想が次々と寄せられた。試合を中継したTBSは、画面左上に現在時刻と「最強攻撃陣vsダークホース」というテロップを常時表示させ、スコアを右上に表示したため(※一般的に、スコアは左上に表示される)、ツイッターユーザーから、

「TBSはサッカー中継を わかってない! 左上の時計とテロップが邪魔!」
「テロップ邪魔!」
「テロップデカイしスコアは左にしてくれよ」

と、不満の声が次々と登場。さらに解説についても、

「圧倒的にオランダに肩入れする実況解説ってどうなの?」
「なぜTBS はここまでオランダ押しなんだろうか」

など、もっと中立的な立場で中継すべきではと指摘する声が相次いだ。

TBSの左上テロップは、オランダ対コスタリカ戦が初めてはなく、ポルトガル対アメリカ戦でも「負ければ敗退 ポルトガル」「C.ロナウド 背水の戦い」等のテロップが表示されており、番組制作の方針となっていたようだ。

10日に行われるアルゼンチン対オランダ戦の中継もTBSが予定されているが、ツイッター上には、

「アルゼンチンオランダはTBSなのか・・・」
「で、またオランダ戦を実況・解説することになるTBS…」
「TBS、まだワールドカップ中継残してるのかよ」
(以上、すべて原文ママ)

と、否定的な意見が登場。TBSの試みは、サッカーファンにはあまり歓迎されていないようだ。
(R25編集部)

TBSのW杯中継にブーイングの嵐はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
W杯見ない派が『とくダネ』に反発
噛みつきスアレス、いじられまくり
「W杯で生活リズム崩壊」報告続出
W杯海外サポがゴミ拾いしない理由
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP