ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北近畿タンゴ鉄道アテンダント 仕事は観光客へのおもてなし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏休みまであと少し。今年も子供や孫をどこか旅行に連れていかなくてはならないと、頭を悩ます貴兄にちょっとした朗報。かつて男の職場といわれた鉄道現場に、いま美女が増えているという。

 そんなレールウーマンたちを密着取材した『それゆけ!女性鉄道員』(イカロス出版)などの本も登場。ここで紹介するのは、北近畿タンゴ鉄道(京都府)のアテンダント・清水舞さんだ。

 沿線に天橋立を擁する北近畿タンゴ鉄道では、個性豊かな3種の観光列車が走る。入社2年目の清水さんの仕事は観光客への“おもてなし”。「旅を最大限に楽しんでもらえるように」と、車内アナウンスでは観光情報も案内する。

※週刊ポスト2014年7月18日号


【関連記事】
「鉄道の持つ力」感じられる3冊 震災、戦中・戦後、美景
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場
観光列車「肥薩おれんじ食堂」で黒豚など地元の名産品を堪能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP