ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

700万円を資金調達した自主制作アニメに学ぶ 魅力的なキャラの描き方とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『アニメに学ぶ 魅力的なキャラクターと動きの描き方』表紙
海外のクラウドファンディングサービス・Kickstarterで72,270ドル(日本円で約737万円)の資金調達に成功した、糸曽賢志さんによるオリジナルアニメーションプロジェクト『サンタ・カンパニー』。

本作の原画や完成ムービー画像を使用しながら、魅力的なキャラクターの描き方を解説する本『アニメに学ぶ 魅力的なキャラクターと動きの描き方』が、7月24日(水)に発売される。

また、7月21日(月)までにAmazonで予約をすると、限定特典として『サンタ・カンパニー』の149ページ分もの絵コンテPDFが付く。

キャラクター表現を丁寧に解説!

本著では、3部構成でキャラクターの気持ちを表現するための動き・表情・構図の描き方を解説する。

チャプター1では、アニメーションの舞台やストーリーを紹介しつつ、各登場キャラクターの性格付けや、それをどのようにビジュアルとして落とし込んでいるかを説明。

チャプター2では、特徴的なカットを取り上げて、キャラクターの動きや表情、構図がどのような意図で決められているのかを説明する。また、修正内容なども紹介することで、より表現力を高めるための演出を説明したり、動きのカットを連続して掲載し、自然な動きに見せるためのコツを解説。

チャプター3では、チャプター1・2に登場しなかった関連資料をふんだんに掲載。様々なシーンにおけるキャラクターの色彩設定資料や、エンディングで登場する1枚絵のカラーイラストについて、魅力的に見せるポイントを説明する。

なお、本著の購入特典として、キャラクターの全身像、シーンごとの色設定がわかるカラー設定資料18枚がダウンロード可能とのこと。

サンタ・カンパニーとは

『サンタ・カンパニー』は、サンタ部・プレゼント部・トナカイ部の3つの部署から成る大手企業「サンタ・カンパニー」で働く少年少女たちを主人公に、成長と恋愛劇を描くクリスマスファンタジー。

これまでアニメーション・実写問わず作品を発表し、「カンヌ国際映画祭」で作品を紹介されたり、「東京アニメアワード」企業賞を受賞するなど、国内外で評価を受けている糸曽賢志さんが、企画・原案・脚本・総監督・プロデューサーを一手に担うオリジナルアニメーションプロジェクトだ。

キャラクターデザインを、『アーシャのアトリエ』や『ささみさん@がんばらない』などのイラストを手がけるさんが担当。

また、キャスト陣には藤村歩さん、梶裕貴さん、戸松遥さん、釘宮理恵さん、櫻井孝宏さんが発表されており、アニメファンならたまらない豪華声優が揃っている。

2014年内の公開を目標に、現在鋭意製作中とのこと。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP