ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浦賀にゆかりのある人々が愛した五代続く老舗「うなぎ 梅本」の「うな重」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月6日放送の「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅2」(テレビ朝日系、日曜午後1時55分)では、「旬の三浦半島を食べつくせスペシャル」と題し、三浦半島の絶品グルメを特集。振分親方とお笑いコンビ「ホンジャマカ」の石塚英彦さんが「うなぎ 梅本」(神奈川県横須賀市)を訪れた。

 明治の初めにうなぎ割烹として店を構えた同店。おすすめメニューは、勝海舟もその味を愛したといわれる「うな重」だ。備長炭を使いじっくりと丹精込めて焼き上げたうなぎの蒲焼きはまさに職人技。また、創業以来、継ぎ足してきたタレは甘みを抑えたあっさりとした味わいとなっている。

 「うな重」が運ばれてくると、振分親方はうなぎを口にして数秒無言で味を確かめた後、「まいう~」と一言。さらに、「うなぎだけで食べてもご飯だけで食べてもおいしい」と、その味を絶賛。続く石塚さんは「タレの味も最高だがうなぎの状態も完璧。これは勝海舟も食べに来る」と大満足の様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:うなぎ 梅本(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:久里浜・浦賀のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:久里浜・浦賀×和食のお店一覧
杉村太蔵「青春時代思い出の味」 老舗札幌ラーメン店「だるま軒」
千原せいじらが、沖縄・久米島産天然もずくを使った「もずくそうめん」に舌鼓!!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP